2015年 07月 24日 ( 1 )

オミナエシ 事件簿


暑さが盛りの頃、秋のイメージを先取りするかのように
公園の一角に「オミナエシ」が花を付けていました。

よく見ると、そのオミナエシにどうしたことでしょう?
血の気を失った「キタキチョウ」が風に揺れていました。
d0266457_22580026.jpg

そして、もっとよくよく見ると
チョウの翅の付け根あたりに絡まった白く細い脚・・・
d0266457_22580744.jpg

はっきりは写せませんでしたが、チョウの裏側には
「アズチグモ」らしき蜘蛛影が・・・
(18日 市内[YRP]にて) (トリミングあり)

「オミナエシ」、秋の七草のひとつなのですね。
いずれ、立秋が過ぎ本格的な秋を迎える頃、昨年と同様に
ここで「ルリモンハナバチ」に会えるといいのですが

同じ七草のクズやハギは初夏にかけMFでもよく見かけます。
ところがオミナエシは筆者の知る限りでは、MF観音崎に一か所
今回の市内の公園の一角の2mほどの、それも仕切りで保護された
場所にと貴重な七草のひとつのように思われます
貴重と言えば、野生に咲くナデシコ・キキョウ・フジバカマも
ほとんど見ることがありません。代わりと言うのもおかしいですが
代表格の尾花(ススキ)が見られようになると、名実共に秋を感じます

暑い折、秋に思いをはせてみましたが・・・暑さ和らぐ気配なし(笑)



さて、この時期、林縁のあちらこちらで
「ヤブミョウガ」の白く個性的な花を見かけます。

そんな花陰にじっと身を潜めて
一見、花に同化しているようですが・・・
d0266457_22581463.jpg

筆者の目は不審な者を見逃しません
「アズチグモ」です。

暫く観察しておりましたが来客もなく
他を廻り、帰路再び通りかかった時に目にしたのは
d0266457_22582238.jpg

この日のご馳走、「ヒラタアブ」の仲間のようです
見た目は、色白でか弱そうに見えますが、狩り能力は超一流!!
(10日 観音崎にて) (トリミングあり)

獲物が来るまでじっと待つ、ただただじっと待つ、このクモのように
花陰や葉裏に身を潜めるもの、そして蜘蛛の巣を張り待ち続ける者
様々ですが、クモの辛抱強さと待機時の集中力には筆者などとても
真似できるものではありません

今回、たまたま食事中を目にしましたが、前回の食事からどのくらい
経過していたのでしょうか。 きっと何日待っても獲物が来ない日も
あるのでしょうね。また獲物が立寄った時、好き嫌いなどの贅沢は
禁物。生きるために天が与えてくれたチャンス(偶然)を確実に物にする
時として、自分の何倍もある獲物にはリスク覚悟で立ち向かっている
のだろうと・・・そんなことを思いつつ、チョウやアブには合掌




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~ 自宅にて ~

先日は網戸越しにクサカゲロウが室内を覗っている様子を
紹介しましたが、今朝は「アブラゼミ」が・・・
d0266457_22582930.jpg

当家には金目なものはありませんヨ。
他のお家を覗いた方が良いのでは(笑)

そして、拙庭の時々気にはしているサンショウに
今季は諦めかけていた矢先のこと「アゲハ」の幼虫を
2個体発見しました。

体長5mm程の2齢幼虫のようです。
d0266457_22583590.jpg

ほんの僅かな時間でしたが、葉をかじっていました。
体が小さい分、まだそんなに食欲旺盛ではありません


こちらは3mmと孵化後間もない1齢幼虫のようです。
d0266457_22584305.jpg

何を思ったのか上半身を持ち上げたリ、元気でした。
モニター越しに可愛かったです


保護飼育をしてやれば別ですが、鳥やハチなどの天敵も多く
自然下での成虫への確率は低いことは、今までの例から分かって
いますが、見守る楽しみが増えました。





[PR]
by pastel24 | 2015-07-24 23:59 | 虫たち