2015年 07月 08日 ( 1 )

雨には雨の詩(2)


・・・昨日の続きになります

いつもの池では、「ミシシッピーアカミミガメ」が
甲羅干しならぬ甲羅洗いでしょうか・・・
d0266457_23243377.jpg

こちらは、いつもと違い、うつむき加減
d0266457_23244648.jpg

もう少し大粒の雨で、甲羅の跳ね返りが撮れたら面白いだろうと・・・


雨にむせぶ、ネムノキ
d0266457_23245363.jpg

黒系アゲハが来ないかと、近くの東屋で待ちましたが
思いどうりにはゆきません

近くでナガサキ、モンキ、クロアゲハは確認しましたが撮る事は
出来ませんでした

とは言え、先出のイチモンジセセリの他にも色々と・・・

「コチャバネセセリ」
d0266457_23250023.jpg

「ヒカゲチョウ」
d0266457_23250674.jpg

遠くで「キタキチョウ」
d0266457_23251344.jpg

葉陰で「アゲハ」
d0266457_23252066.jpg

ヤブガラシでは、梅雨なんか関係ない~
「アオスジアゲハ」が元気でした
d0266457_23252739.jpg


d0266457_23254048.jpg


そして、見たいと思っていた「ヒメカメノコテントウ」の
先日と異なる紋様個体に出会いました(嬉)
d0266457_23275048.jpg

「ムーアシロホシテントウ」も居ました
うしろ姿、ちょっとだらしなかったです。
d0266457_23280099.jpg

子供の頃、ズボンからシャツが出てると、母に注意されたような
最近は出しっぱなしも普通のようで、昆虫界でも流行なのでしょうか(笑)


この日の一押し、“ 赤いバッタ ” です
「フキバッタ」でしょうか?
d0266457_23281237.jpg


d0266457_23282236.jpg

年に一度ぐらいですが、赤っぽいバッタを見ることがあります。WEB上でも
たくさんアップされており、それほど珍しくはありませんが
今回は、後肢が見事な赤でした。


最後に「アリグモ」さんと
ジャンケンポン
d0266457_23283665.jpg

筆者はもちろん “ グゥ ” を出しました(笑)


この他にも、テントウ以外の甲虫、ハチ・アブ・ハエや数種の蛾にも
会いました。
水玉を付けたクモの巣なども撮りたかったのですが、見当たらず残念
蛾の方は、未同定のものも多く、いずれ機会を見つけて・・・

と言うことで、雨模様の2時間程の散策でしたが
たくさんの住認たちに会うことが出来ました。

当り前のことですが、彼らにとって雨や風、苦にしては居られませんね。
しかし、雨模様これだけ続くと いい加減にしてくれ と感じている住認
も居るのでしょうかね?  それとも、そんな想いは人間だけかな・・・
(7日 観音崎にて) (トリミングあり)




[PR]
by pastel24 | 2015-07-08 23:59 | 虫たち