2015年 07月 07日 ( 1 )

雨には雨の詩

今年も早いもので、折り返し点からもう7日

そして、今日は七夕だと言うのに、特に願い事もなく・・・
6月の在庫の整理にも集中力を欠き、少し降られるのは覚悟で
午後から2時間ほど、MFまわりをして見ました。

「カタツムリの赤ちゃん」で~す
と言いたいところですが、実は体長5~10mmぐらいです

d0266457_23472280.jpg

陸生巻貝の 「 オカモノアラガイの仲間 」(注1) です。
d0266457_23473036.jpg


d0266457_23473693.jpg


d0266457_23474393.jpg

池の中に生えているサンカクイ?の葉上で梅雨を楽しむかのように
静かに動き回っていました。

(注1)
同定間違いないとは思いますが、大きさが気になり仲間としました。
WEB上では殻高20~30mmと言う記載がありました。
今回、見かけた個体は長さが10mm程がほとんどでした。
まだ幼体なのでしょうか?


撮影していると、「 イチモンジセセリ 」 がやってきました
たまたまのツーショット
d0266457_23474999.jpg

邪魔もののいない、別の場所に移動したと思ったら・・・
あれっ、どうやら産卵にやって来たようです
d0266457_23475739.jpg

ここで産卵行動らしきを見たのは初めてです。
サンカクイ、食草のカヤツリグサ科だったのですね

結局、この時期一押しの、カタツムリの赤ちゃんは見つけられず
成虫も2個体見ただけです。
子供の頃と比べると、カタツムリも少なくなったような
ところで、定番のアジサイにカタツムリ、語呂合わせのようで
梅にウグイスと同様に意外と少ない組み合わせのように感じます


そして、雨にくすむネムノキに黒系アゲハを待ったのですが
・・・そう思いどうりにはゆきませんでした。

続きは次回にでも




[PR]
by pastel24 | 2015-07-07 23:59 | 虫たち