市内にて ヨシガモ


一週間程前から市内で噂の 「 ヨシガモ 」 を、一昨日見に行って来ました。

幸い留まっていてくれました(抜けて無くて良かった)

市内でヨシガモの飛来は珍しいようで、4~5年ぶりとのことです。
それも、今回は♂がたったの一羽だけ、より貴重度が増すというもの。

d0266457_11241224.jpg

石上で独りぼっちは、ちょっとつまらなそうでした


羽ばたきのサービスもしてくれました。  あれっ ・・・
d0266457_11241811.jpg

よく見ると、自慢の後部のカール状の羽根ですが
この時ばかりは、上方向にカールするのですね!


そして、この堰には多くの先住者もいます。

“ 見かけない奴だなぁ ” と 「カワウ」 が ・・・
d0266457_11242667.jpg

“ ちょっと いい男じゃん ” と 「オナガガモ」嬢 が ・・・
d0266457_11243394.jpg

“ チヤホヤされやがって ” と 「アヒル」 が ・・・
d0266457_11244024.jpg

 ・・・ 言ったかどうかは分かりませんが(笑)


たまたま先日、県央にオシドリを見に行ったときに遠くに数個体を見かけました。
同じヨシガモですが、身近な市内で見る事の出来たヨシガモとでは、その価値は
大違いです。

少々遠目で、個性美を引き出せませんでしたが、嬉しかったです。
♀とここで待ち合わせなどしていると、より楽しみが広がるのですが(笑)
まぁ、来季に期待しましょう。

ここは市内の外れにある堰です、西側に民家が数軒、あとは野菜畑とビニールハウス
に囲まれています。堰の中央あたりに小さな島があります。
時々市内では珍しい渡り鳥が入ってくることがあるようです。どちらかと言うと渡りの
途中の一時立寄りが多いようで、滞在時間はまちまちとのこと。



~ そして舞台は変わり ~

この堰は、ヒバリのホイントも近くと言うこともあり、抱き合わせで立ち寄ります。
そして、この日も2回 “ 揚げヒバリ ” 見ることが出来ました。
前回以上の写真は撮れませんでしたが・・・

上空で盛んに囀っていたら、そこへ「トビ」が・・・驚いたヒバリですが
d0266457_11244746.jpg


なんと・・・
d0266457_11245329.jpg

大トリミングして見たところ、急降下中も嘴が開いていました。
四六時中囀っているのでしょうか? 頑丈な声帯の持ち主なのですね! 


そんな「トビ」ですが、ちょっと優しく撮れたので 一枚
d0266457_11250040.jpg


「ヨシガモ」に「ヒバリ」と各々30分ほどでしたが
楽しい鳥見になりました。
(8日 市内 [長井周辺] にて) (トリミングあり)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下は、逆にヒバリ目的の帰路に立ち寄った堰にて
この堰の常連さんです。

「カワウ」

d0266457_11290416.jpg


d0266457_11291002.jpg

盛んに小枝を運んでいました。巣づくりの時期なのでしょう
d0266457_11291848.jpg


「アオサギ」

d0266457_11292989.jpg

冠羽がなびいていました
d0266457_11293842.jpg


d0266457_11295056.jpg


この他には、アヒル・オオバン・オナガガモ・カイツブリ・カルガモ
キンクロハジロ・スズガモ・ヒドリガモなどがいました。
(1&2日 市内 [長井周辺] にて) (トリミングあり)




[PR]
by pastel24 | 2016-03-10 23:57 |
<< 寄り道にて オジロビタキ 春ですね ネコヤナギ他 >>