シロチドリ


ご当地、海辺の住認たちが続きます。

一昨日は三浦海岸に行ってみました。

d0266457_21342337.jpg

海の家が軒を並べ、カラフルなパラソルで賑わった夏の様相とうって変わり
静寂を取り戻した砂浜には、冬の風物詩ともいえる三浦大根がいっぱい干して
ありました。


そんな中、「シロチドリ」を探して・・・

少し離れた砂上にちいさな鳥影発見

遠巻きに近付き、海をバックに一枚。
d0266457_21355663.jpg


「シロチドリ」です

徐々に距離を詰めてみました。
一定距離になると、離れては行きますが、飛び立つこともなく
モデルを務めてくれました。
d0266457_21343895.jpg


やがて、少し離れた波打ち際に降りたった数羽の「シロチドリ」
d0266457_21370106.jpg

ひと塊になる事もなく、思い思いの行動を・・・
d0266457_21371289.jpg


正面顔のお父さん(♂)
d0266457_21372042.jpg

レンズに興味を持ったのでしょうか?
♂の正面顔は何枚かありましたが・・・

お母さんは(♀)の真正面は無く、ポーズをとった斜め顔。
d0266457_21372781.jpg


そして、お父さん(♂)いつも千鳥足ばかりかと思っていたら
d0266457_21373443.jpg

闊歩もします(笑)
d0266457_21374136.jpg

お母さん(♀)も大忙し
d0266457_21374895.jpg

参考書によると前頭、目周り、肩口に黒色部が目立つのが♂とのことで
比較的♂♀の区分は分かりやすいように感じました。
また、夏羽への換羽は早く11月~3月とのこと。今回の個体は黒色部が
はっきりとした♂が多く、既に夏羽のようです。


頬を黒く染め(笑)はずかしそうな感じに撮れたお気に入りの一枚です
d0266457_21375566.jpg


近くを人が通ると、飛び立ち少し離れた波打ち際への降り立ちを繰り返して
いました。
d0266457_21380867.jpg

全数は写っていませんが、10羽ほどの群れのようでした。
そんな群れの中に、ミユビシギが2羽(丸印)混ざっていました。

4枚目の末尾にも、一羽のミユビシギが写っています。
可愛さではひけを取らない「ミユビシギ」については次回にでも・・・
(15日 三浦海岸にて) (トリミングあり)


さて、このシロチドリですが調べて見たところ、なんと・・・
環境省カテゴリー、並びに神奈川県では絶滅危惧Ⅱ類の指定を受けており
減少傾向にあるようです。
繁殖場所となる砂浜の減少のほか、レジャー使用による人やペットの接近
車両の乗り入れ、また野生動物やカラスなどによる捕食などが減少の要因
とのこと。
繁殖については、5月~7月頃に主に砂浜に貝殻や小石で簡素な巣を作りで
数個の卵を産み繁殖行動をするとのこと。
三浦海岸とその周辺での繁殖情報の有無については、分かりませんでしたが
年間を通して、繁殖の邪魔をせず、そっと観察して見たくなりました。





[PR]
by pastel24 | 2016-01-17 23:46 |
<< ミユビシギ 碧い海に ウミアイサ >>