今年も珍客 ミドリヒョウモン


昨年と同じ花壇で、同じ時期に
珍客 「 ミドリヒョウモン 」 に会うことが出来ました。

d0266457_23055542.jpg

昨年の実績を踏まえ、ランタナの咲き始めた9月初旬から
チェックしておりましたが一向に会えず。足を運ぶこと6回目
ダメなら今季は諦めようかと思っていた矢先の昨日、ついに
目的のチョウに会え一安心、一過性でなかったことが何より
嬉しく思いました。
d0266457_22544363.jpg


d0266457_22545352.jpg


d0266457_22550222.jpg


d0266457_22551074.jpg

関東圏の平地でもこの時期よく見ることが出来るようで、とりわけ
大騒ぎするほどのことはありませんが、横須賀市内では特集に値する
チョウの一種になります(笑)

知っている範囲ですが 過去の他2件の確認記録もこの時期で、初夏に
見かけた実績、情報もなく、ここ観音崎では土着していないと考える
ほうが妥当かとも。 
となるとこの珍客、どこで生まれ、どこで夏眠していたのでしょうか?
そして交尾や産卵は・・・筆者にとってはクエッション多きチョウです。

昨年は同時に3頭(♂2・♀1)見かけたのですが、今季はこの♂一頭
だけで、ちょっと寂しさは残りますが・・・
とりあえず、今季のチョウ観察の最終目標がクリアーになりました
d0266457_23060643.jpg

来年は、お仲間をたくさん連れてきてくれることを期待して・・・
(9/30日 観音崎) (トリミングあり)


さて、次の目標はアサギマダラの立寄りなのですが
こればかりは成り行きの運次第・・・
もう一度5月のような幸運に当たればよいのですが




[PR]
by pastel24 | 2015-10-01 23:57 | 蝶や蛾
<< 彼岸花 (最終章) ハチに悩む ( カギバラバチの... >>