ハエさん、お風邪でも


このところ、気温の低い日が続きますね
一時期の暖かさに、石油を使い切らなければと
思っていましたが、余計な心配でした

さて、そんな中で・・・
今日はジョークなハエさんのご紹介

毎年、1、2回ですが、このハエを見ると
何となく滑稽で楽しくなります
その名は 「 マダラメバエ 」 (体長10mm程)
d0266457_09132316.jpg

上から見るとごく普通の
どちらかと言うとアブの仲間のようですが・・・

さてその正体は?
d0266457_09133323.jpg

何が楽しいかと言うと、そのマスク!!
d0266457_21580122.jpg

まるで風邪でも引いてマスクをかけている様にも見えます。
まさか、花粉症と言うことは無いですよね(笑)

ご年配の方はご存知かと思いますが、筆者はなぜか月光仮面を
思い出してしまいます。
お顔のユニークなハエさんでした。
一度ジャスピンで撮ってみたい被写体でもあります



上の写真だけでは、ちょっと寂しいので・・・
被写体が無い時には、ついつい「ビロードツリアブ」に
遊んでもらっていました。 そんな中から・・・
d0266457_22001001.jpg


d0266457_22001825.jpg

上の写真と比べると、翅のブレが出ている下の写真の方が
筆者は好きです。
d0266457_22002784.jpg

シャッタースピードは同じ(1/1600)でしたが・・・

このアブ、よくホバリングをして楽しませてくれるのですが
結果、正面顔を撮る事は難儀です。正面を向いたかと思うと
多分レンズが眼中に入るのでしょう。ファインダーから一瞬に
して消えます。せいぜい斜め前が精一杯でした
d0266457_22003410.jpg


湿った地表では、正面顔も撮れました。
栄養補給に夢中でレンズなど眼中になかったのでしょう
d0266457_22004234.jpg

拡大して見て気が付いたことがあります。針のような口吻かと
ばかり思っていましたが、先端が二つに割れる構造だったのですね
d0266457_22005078.jpg

昨日も色々な場所で「ビロードツリアブ」を見ることが出来ました
今年は個体数が多いような気がします。
春限定のそんな彼らも、やがて来季まで見納めの時ももうすぐでしょう

データ
・ マダラメバエ (2日 観音崎) (トリミングあり)
・ ビロードツリアブ (3月&4月 観音崎他) (トリミングあり)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日は久しぶりの晴れ間、迷わずMFをひと回りして見ました
MFのツマキチョウ・黒系アゲハ1号・ヒゲナガハナバチの♀
(♂の写真はたくさん撮ったので)をと欲張って3つの目標を
持っての散策でしたが、全て空振り・・・(笑)

しかし足元には、愚図ついた天候などお構いもなく
季節は進んでいました

「キツネノボタン」の艶のある黄色がいっぱい。
そんな中に薄紫一点、「セリバヒエンソウ」も目に付きました
d0266457_22005713.jpg

暫く、虫たちを待ってみましたが、やって来たのは
「モンシロチョウ」だけでした
d0266457_22010422.jpg


久しぶりの晴れ間だというのに、チョウを含め昆虫たちは少なかったです
変わって、よく登場するヤマアカガエルの小池からは子供たちの賑やかな
歓声が聞こえてきました
d0266457_22011608.jpg

(12日 観音崎)




[PR]
by pastel24 | 2015-04-13 23:43 | 虫たち
<< 貢物 大作戦 身近な顔ぶれ(2) >>