ツマキチョウに会いたくて


桜が満開、そして 人皆花に酔う頃に・・・

d0266457_23555578.jpg

一人、里山の旬 ツマキチョウとシオヤトンボを標的に
市内の確率の高そうなエリアを回ってみました

甲斐があり、「ツマキチョウ」♂との対面は叶いました(嬉)

タンポポにて
d0266457_23560569.jpg


d0266457_23561263.jpg


ムラサキケマンにて
d0266457_23570732.jpg


d0266457_23571491.jpg


d0266457_23572122.jpg

春にだけ姿を見せることから、スプリング・エフェメラル
(春のはかない命)と呼ばれる何種かのチョウたちがいますが
そのなかで唯一、市内で会える可能性がある「ツマキチョウ」
こうして今年も写真に収めることが出来、嬉しい限りです。


さて、こちらの個体ですが

休憩中のモンシロチョウに何度か、ちょっかいを

d0266457_23573451.jpg


d0266457_23574010.jpg

(ところで上の写真、撮影中は気が付きませんでしたが
前翅の模様が少し変わっています
普通は白地に黒い紋ですが、この個体は翅のつけ根から
その黒紋まで、筋状の灰黒色の帯で繋がっているように
見えます)

尚も、しつこく
d0266457_23574969.jpg

と思ったら、モンシロチョウの横にとまり
d0266457_23580095.jpg

ほんの一瞬でしたが、一言二言、ひそひそ話
いったい、何を話したのでしょうかね?

d0266457_23581485.jpg

よく見ると、毛むくじゃらですね。
これでは、夏場は暑くてたまりません
そんなことで、春だけ成虫を務め子孫を残し
来春まで蛹に託す・・・
春限定、妖精とうたわれる所以かも知れませんね(冗笑)


そんなに珍しいチョウではありませんが、当地では少数派の
ように思います。
確率は低くなりますが、次回はMF(観音崎)のツマキチョウ
をアップ出来ればもっと嬉しいのですが・・・

さてもう一方のシオヤトンボの方はちょっと早かったようです
この他にも、ベニシジミ、スジグロシロチョウ、予期せぬツバメシジミなど
の初撮りや、チョウ以外の昆虫等々、収穫盛りだくさんの2日間でした
(3/30&31日 市内にて) (トリミングあり)


後記
しょうぶ園、沢山池、太田和周辺を回ってみました。
初日はタンポポでのワンシーン、2ショットだけでした。
その時は会えただけでヨシと思いましたが、帰宅後あまりにも寂しく
今日再訪して見ました。とりあえず、枚数は増えました程度ですが(笑)
ボウズでなくてよかったです。
初日は♂1個体、今日は多分♂3個体を確認、♀は未見です。
今度は、モンシロとのツーショットではなく、♂♀を撮りたいです。
いずれ機会を見てもう一度とも・・・




[PR]
by pastel24 | 2015-04-01 00:09 | 蝶や蛾
<< 恋の季節に カメムシ1号 紋白さくら >>