ヒオドシチョウ IN YOKOSUKA


d0266457_23400632.jpg

大袈裟なタイトルが続きます

と言うのも
隣市の横浜などでは比較的普通に見ることが出来るようですが
横須賀では珍しく、筆者はもちろん初めての出会いでした

不意に足元を舞い上がったチョウがいました
今季初見の「アカタテハ」だとばかり思っておりましたが
飛跡を追い、止まったところで翅を広げた模様を見て・・・
d0266457_23401827.jpg

あれっ、まさか?想定外の「ヒオドシチョウ」にビックリ!

d0266457_23402405.jpg


d0266457_23403285.jpg


d0266457_23404088.jpg


d0266457_23404666.jpg


確か三年前の夏、三浦半島昆虫研究会の講演があり
「三浦半島のチョウの動向について」を拝聴した時のことですが
減少が顕著な理由などから、この地における注目種として
①ゴイシシジミ 
②ヒオドシチョウ 
③ジャノメチョウ 
の三種があげられました。

これらの三種について、生態調査の一環として
三浦半島で見かけた場合は、報告がほしいとのことでした。

あの講演から間もなく3年、②のヒオドシチョウを見ることが
出来ました。 以下、見た報告のデータです

日時 2015年3月23日 午後
場所 横須賀市
    衣笠山公園内
個体数 一頭(多分♂)
d0266457_23405401.jpg


参考までに

最近の横須賀での確認記録についてWEB上で調べて見ました
驚いたことに昨年の5/16日、今回筆者の目撃した位置から直線で1,5km
程の距離にある小学校の中庭のエノキのまわりで小学生が毛虫を発見し、先生に
報告したところ、なんとその毛虫、ヒオドシチョウ幼虫で、やがてサナギになり
27日には3頭が子供たちに見守られ羽化したとの記事がありました。

もしかするとその時の一頭だったりして、想像が膨らむと同時に
一過性ではなく、横須賀でも普通に見られるようになるといいですね

さて、昨年7月には、③のジャノメチョウを見たので、残すところ
①のゴイシシジミに出会えると注目種3種の制覇が叶うのですが
講演以降、先ずは食べ物となる、笹や竹の葉に白濁したアブラムシが
付いているものはないか、気にはしているのですが・・・




そして、この日は「アカタテハ」にも会いました
d0266457_23410375.jpg

ヒオドシチョウに遭遇しなければ、アカタテハの写真がメインになったはずが
今季初見だというのに1枚だけで、ごめん ゴメン と言うことに
いずれ、MFのハマダイコンの花などとコラボで穴埋めが出来れば良いのですが
(23日 市内にて) (トリミングあり)





[PR]
by pastel24 | 2015-03-25 23:54 | 蝶や蛾
<< カイツブリのこと ヒレンジャク IN YOKOSUKA >>