私を樹上に連れてって ~カミキリ&あおむし~


こんなタイトルの映画がありましたね。
原田知世の指鉄砲のシーンが印象的でした・・・

さて、台風の翌日(17日)の物語になります

ここ観音崎でも、台風の爪痕がいたる所に
d0266457_239372.jpg


d0266457_2391634.jpg


この “ トンボ看板 ” の舞台で物語が始まります
d0266457_23103351.jpg

一匹の それはそれは、大きな「カミキリ」がいました。
d0266457_23105734.jpg


d0266457_23111217.jpg


そして、小さくて可愛い「あおむし」が同じ看板を、うろうろ・・・
d0266457_23114497.jpg


d0266457_23115466.jpg


やがて、「あおむし」が、何を思ったのか
「カミキリ」の方へ近づいてゆきました
d0266457_23121633.jpg


あれれ!!! ・ ・ ・
d0266457_23124532.jpg


“ ねぇねぇ カミキリさん
 私、昨日の台風で木から落ちたの
 確か、カミキリさんは飛べるんだよね
 そこで、お願い ・ ・ ・
 私をあそこのエノキの樹上まで連れてって ”
d0266457_23174560.jpg

『 面倒くさいなぁ 』 ・ ・ ・
『 分かった分かったヨ 』

『 オイオイ くすぐったいてば 』
『 そこでは前が見えないよ 』
d0266457_23192925.jpg

『 ほら早く、上の触角まで上がって 』


“ よっこらしょ ・ ・と ”
d0266457_2320062.jpg


『 しっかりつかまっているんだよ 』
d0266457_23202458.jpg

・・・で この後、本当に触角に乗せたまま飛び去りました
ラストシーンは撮れませんでした。 ・・・残念


☆キャスト
「 カミキリ 」  : センノカミキリ
「 あおむし 」 : ゴマダラチョウの幼虫
         


両者とも初見でした。
がっしりとした大きな体形(35mm程度)に立派な触角が印象的なカミキリムシでした。
幼虫のユニークなお顔と仕草がとても可愛かったです。

アカボシゴマダラと迷いましたが、背中の斑点数、尾端の割れ具合などから判断しました。
小さかった(12mm程度)ので2齢幼虫ぐらいでしょうか?

台風にも耐え、次は上手に越冬し、来季に繋いでくれることを願って・・・
(17日 観音崎) (トリミングあり)
[PR]
by pastel24 | 2013-10-18 23:53 | 虫たち
<< 風雨に耐えて 秋の夜長に ~たまには算数~ >>