蜘蛛と蝶


「花と蝶」ならHappyなのですが

今回のようなタイトルを好んで探している訳ではありませんが
目に付いてしまいます。 これも自然界の現実なのですね
先日は、蜘蛛の巣に蜻蛉でしたが・・・今日は・・・


「イチモンジセセリ」と「ヤマトシジミ」が仲良く
ひとつの「ノハラアザミ?」で 珍しいので一枚
d0266457_2375128.jpg


「イチモンジセセリ」は飛び立ったのに・・・
・・・あれっ、ちょっとおかしい?
d0266457_2385151.jpg


よく見ると、「ヤマトシジミ」は「コハナグモ」に
捕らわれの身だったのですね!
d0266457_2394168.jpg


近くの、ノハラアザミには別の「コハナグモ」が
じっと身を潜めておりました。
d0266457_23101759.jpg

身を潜めているときは、透きとおるような肌が
弱々しくも見えるのですが・・・



そして、別の場所では「イチモンジセセリ」が
「ジョロウグモ」の仕掛けた罠に!
d0266457_2310505.jpg

近くには、♀グモの動向を探る、一回り小さな♂グモが
お裾分け、それとも交尾のタイミングを図っているようでした


チョウには災難でしたが、クモにしてみれば今日はラッキーと
言うことになるのでしょう

「コハナグモ」は、ご馳走さんがいつ来るか分からない花の隅に隠れて
どのぐらいの時間を待った結果なのでしょうか?

また、「ジョロウグモ」、クモの巣は良く見かける割には大きな獲物は
ほとんど掛かっておりません。チョウやトンボの掛かる確率は低いの
でしょうね
念入りに時間をかけて作った罠も、後は天まかせと言うことでしょう
そんな訳で、掛かったご馳走は天の恵み、選り好みは出来ないですね
好き嫌いもあると思うのですが・・・

いずれにせよ、辛抱強くなければクモは務まりませんね
(9日 観音崎)(一部トリミングあり)
[PR]
by pastel24 | 2013-09-11 23:21 | 虫たち
<< 花と蝶 カラフル! ~キバラヘリカメムシ~ >>