お前の **** どーれくらい? ~オケラ~


「****」は放送禁止用語ではないようですが一応
****と言うことで・・・

d0266457_2059279.jpg

お若い方は「オケラ」そのものを見たことが無いでしょう
ましてタイトル、何を言っているのか分からないでしょうネ

ご年配の方、特に男の子だったら捕まえて遊んだ記憶があると思います
エッ、知らないですって、俺が知っているのは中山の「オケラ街道」ただ一つ
それはそれで凄いですよね!
(ちなみに筆者、1948年生まれです)

何を思ったのか急に水の中に、“犬かき”ならぬ“オケラかき”・・・
ピンボケですが、意外に泳ぎは上手でした。余程、暑かったのかナ
d0266457_210869.jpg

やがて岸辺へ
「ああっサッパリした」
d0266457_2103089.jpg

忙しく動き回り、すぐに自慢の前足を使い、モグラ顔負けの地中探検に
20分程度付き合いましたが、写真に撮るのは難しいですね
d0266457_2111345.jpg

Topの写真をトリミング拡大してみました
(懐かしの “ こぉーれくらい ” のポーズです )
d0266457_2113459.jpg

「オケラ」だとばかり思っていたのですが、正式名は「ケラ」のようです。
この年になって、どうでもいいことをまた一つ覚えました

この際もう少しWeb等で得た知識を・・・

~雑学(1)~

オケラが出てくる歌をご存知ですか?

古くは「福助足袋のコマーシャルソング」、サトウハチロの作詞とか
(筆者は一応、戦後派なので知りませんが)

もう一つの「手のひらを太陽に」は良く知っています。
歌詞の一番にミミズ・オケラ・アメンボが出てくるところが凄いですね
きっと、当時(S36年)は、それだけ身近な虫たちだったのでしょう

しかし今となっては、オケラは神奈川県では要注目種とのことです


~雑学(2)~

このオケラの英語名、ラテン語名を直訳すると「モグラコオロギ」の
意だそうです。 確かに・・・納得


で・・・
コオロギと言えば、この日偶然にも「エンマコオロギ」の幼体にも会いました
d0266457_212618.jpg


d0266457_212199.jpg

昔は家の周りで、秋になると鳴き声を聞きましたが、最近は聞けなくなり
ました。残念なことです


そして・・・
最後はこのコオロギ類が大好物の「ヤマアカガエル」にも会いました
d0266457_2131472.jpg


d0266457_2132744.jpg

以前、「ヤマアカガエル」の卵と、後ろ足までが生えたオタマジャクシ
記事しましたが、そのあと一向に成体を見ることが出来ないでいました。
やっと会えたのが上の写真になります。

卵やオタマジャクシを見たのは「花の広場奥の池」でしたが、この成体は
「憩いの水辺」で見ました。距離にして直線で1Km程、こんなところまで!?
彼らの寿命は4年程度と言われています。
今年生まれた、花の広場奥の池の成体ではないかも知れません。


意外と自然な形でオケラ→コオロギ→カエルと往年のスターをリレー紹介
することが出来ました。


さてここで、モグラをアップ出来れば完璧なのですが・・・

そのモグラですが、春先(3月)足元の盛り上がった土が動きました。
d0266457_2142480.jpg

モグラが顔を出してくれることを念じ、じっと待ちましたが
上の写真どまりでした・・・(笑)


(13&14日 観音崎憩いの水辺にて)(一部トリミングあり)
ピンボケが多く、この後何度か再撮影が出来ればと思い覗いてみたのですが
3種とも見つける事は出来ませんでした。
[PR]
by pastel24 | 2013-08-30 21:25 | 虫たち
<< 初見だぁ ~ネキトンボ~ 水難の虫たち ~ゴマダラチョウ~ >>