ルリ がいっぱい


ハグロトンボの川沿いの道端に、「ルリシジミ」がたくさんいました。
夕方でしたので、早めの夕食と言ったところでしょうか?

d0266457_0022100.jpg

かなりの枚数を撮ったのですが、そんな中でピンボケではありますが
唯一、お気に入りの一枚です。

d0266457_01207.jpg


そして最近よく見かけるのは「ウラギンシジミ」です。
猛暑もなんのその、また厳寒にもじっと耐え越冬可能なこのチョウ
生命力の強さには感心させられます。
中々表翅を見せないのが常ですが、いとも簡単に開いてくれる事もあり
気まぐれ屋さんかも知れませんね
③ ♂
d0266457_021775.jpg

④ ♀
d0266457_023771.jpg


以下は最近撮った地元のチョウたちから

⑤ 猛暑の中、岩肌を伝わる水を懸命にすする
   「カラスアゲハ」が
d0266457_04435.jpg


⑥ 「アカボシゴマダラ」がアサギマダラの仕草をまねて
d0266457_05921.jpg


⑦ 「ルリタテハ」 表翅とはうって変わった裏の渋さもたまりません
d0266457_053461.jpg

毎年、同じ池の木道手すりで見ることが出来ます。
親から引き継いだ、遊び場、休憩所なのでしょうか?
変わり映えこそしませんが、永遠に続いてほしいものです



続いては交尾や産卵シーンです
いつ見ても未来へ繋がる感動を与えてくれますね

⑧ 「ヤマトシジミ」
d0266457_061722.jpg


⑨ 「ムラサキツバメ」
d0266457_064182.jpg


⑩ 「ルリシジミ」
d0266457_072155.jpg


⑪ 「アオスジアゲハ」
d0266457_093967.jpg


⑫ 「アゲハ」
d0266457_0101610.jpg


⑬ 「ゴマダラチョウ」
d0266457_0103835.jpg



しかし、微笑ましい姿だけではありません
時として、自然界の現実も目にします。

⑭ 「ツマグロヒョウモン」
d0266457_0112890.jpg

まだ生きていいましたが
筆者にはどうすることも出来ませんでした


⑮ そして最後にもう一度「ルリシジミ」
d0266457_0115952.jpg

最近はルリシジミを見ると、必ずと言ってよいほどレンズを向けてしまいます
と言うのも、先日、北上中のサツマシジミが湯河原で確認されたとの情報を
いただき、もしかしてと思いながら・・・


データ
① ② ⑤ 8/12日 市内
③ ④ 8/13日 観音崎
⑥ 7/14日 観音崎
⑦ ⑫ 6/5日 観音崎
⑧ 7/20日 観音崎
⑨ ⑭ 7/6日 近所
⑩ ⑬ 6/8日 観音崎
⑪ 7/12日 自然園
⑮ 6/15日 観音崎
(一部トリミングあり)
[PR]
by pastel24 | 2013-08-14 23:57 | 蝶や蛾
<< トンボの飛躍など a Spider of Tig... >>