涼を求めて ~ミヤマカワトンボ~


d0266457_23401025.jpg

さて、水面に突き出たこの正体は?

この後、完全に水面から消えてしまいました。

どうやら、話には聞いたことのある「ミヤマカワトンボ」の産卵のようです
このトンボは自ら水中にもぐり、そこにある沈んだ木の根などに産卵する
ことで知られています。時には30分以上も潜っていることもあるようです。
上の写真の数コマ前の写真になります
d0266457_23415278.jpg

渓流の縁の浅く(15cm程度)緩やかな流れの場所でした。
家内が見つけた、予期せぬ場面に感激ひとしお!


渓流(河原)の感じです。
d0266457_23423991.jpg


右が♀、左が♂です
♀の翅には白い偽縁紋があり区別できます。
d0266457_23434483.jpg

こちらは、手前が♂、奥が♀です
♂は♀に比べ腹部は青みがかった金属光沢をしています
d0266457_2344288.jpg


以下♂の写真です
d0266457_23461039.jpg


d0266457_23461690.jpg


d0266457_23463421.jpg


以下♀になります
d0266457_23481555.jpg


d0266457_23484140.jpg


d0266457_23485428.jpg


産卵のポイントも分かり、次の機会にはビデオモードで撮影
してみたいと夢見る筆者です。
(15日 県内)(一部トリミングあり)
[PR]
by pastel24 | 2013-07-16 23:52 | トンボ
<< 涼を求めて ~ミヤマアカネ 他~ 涼を求めて・・・ >>