新生児 ~ルリシジミ~

今日は春を飛び越えるような温かさに誘われて、いつもの観音崎へ
僅か2ショットでしたが、「ルリシジミ」が迎えてくれました。
(トリミングあり)
d0266457_2246478.jpg

先日のキチョウなどの越冬蝶と異なり、
サナギで冬を越し、羽化した新生児でしょう。
また、今年の最初の新生児との嬉しい対面でした。

最初は下草に居ました。正面からだとヤマト君かルリ君か分からないので
横に回った時に飛び立たれてしまいました。
そして樹上の葉の上にやっと止まってくれました。遠目でしたが、拡大した
ところ、「ルリシジミ」であることが確認できました。
d0266457_22462688.jpg

そしてこの後、もう一頭が現れ、追いかけているようでもあり、牽制しあって
いるようでもあり、やがて樹上高く飛び去りました。
まだ個体数が少ない中、同性と争うより、希望を繋ぐカップルであればいいのに
と勝手な想いを巡らす筆者でした。



そしてたくさんの春に会いました。

白い花を付けた「カジイチゴ」が目にとまりました。
d0266457_2247136.jpg

早ければ、5月には、深黄の果実を付けることでしょう。


そして「ユキヤナギ」も小さな花を付け始め
d0266457_2248181.jpg



その近くでは、うつむき加減に「ヒュウガミズキ」が
d0266457_224927.jpg



遠慮気味に「アセビ」も下を向き
d0266457_22492313.jpg



足元には「ナズナ(ペンペン草)」がさりげなく
d0266457_22494735.jpg



そして以前早咲きで一度紹介した
「カイドウ」が、今度は季節に合わせ蕾をつけ
d0266457_2250594.jpg




黄色く輝く「ダンコウバイ」が見頃を迎え
d0266457_22514971.jpg


d0266457_22521233.jpg

以前(2/25日)アップした芽吹きの“御茶目な春の粒”の正体が
花を付け「ダンコウバイ」だったことが今日分かりました。


もう少し紹介したいのですが、3時間程度の散策であまりにも沢山の春に会い
筆者も若干疲れ気味、今日はこのへんで続くということで・・・・
[PR]
by pastel24 | 2013-03-12 23:05 | 草花
<< 春の玉のれん ~キブシ~ 遊歩道にて ~キタキチョウ~ >>