草の根を分けて ~啓蟄~

今日は暦の上での「啓蟄」
そんなこともあり、昨日から鳥たちには目もくれず
草の根分けて虫たち探しの2日間・・・

なるべく南面の斜面を中心にしたのですが
昨日は“ボウズ”・・・・そして焦る筆者
そうだ今日は花壇に行ってみよう♪・・・
d0266457_21243118.jpg

そして花壇を隈なく・・・
居ました、いました 黄色いパンジーの中に「ホソヒラタアブ」が一匹
d0266457_2125551.jpg

そんなことで、「花壇とアブ」の写真だけでは、ちょっと寂しい「啓蟄」

虫たちの代わりと言っては申し訳ありませんが
「土筆」を見つけ・・・
d0266457_21255082.jpg

「ホトケノザ」や「ヒメオドリコソウ」の
“ 早春のアニメ顔 ”の競演に気持ちが和み・・・
d0266457_21262776.jpg


d0266457_21264170.jpg

足元には、虫たちが、いつ来てもいいかのように
「オオイヌノフグリ」や「ハコベ」の小さな小さな花・・・
d0266457_2127649.jpg

そして、いつの間にか「ニリンソウ」の葉が
いつもの場所にいつも通り花を付ける準備を・・・
d0266457_21272632.jpg


虫たちには「ホソヒラタアブ」にしか会えませんでしたが
写真の「土筆」に、また昨日は初めて「ウグイス」の鳴き声を耳にしました。
そこまで来た春を十分に感じることが出来ました。
焦らない、焦らない・・・と言い聞かせつつ帰路につきました。

24節句のなかで一番好きな句かもしれません。
立春は名ばかりですが、「啓蟄」の声を聴くと、北国では雪が解け始め
街中ではいたるところで、花情報が飛び交い、我々人間たちにも自然に笑顔
がこぼれる時の訪れに。
(4&5日 観音崎) (一部トリミングあり)
[PR]
by pastel24 | 2013-03-05 21:43 | 草花
<< Woodyな仲間たち(3) 海辺の住認たち(14)   ~... >>