海辺の住認たち(14)   ~蟹とたはむる~

鳥たちのアップが一通り終わり、今日は一区切り
そして、一休みと思っていましたが、成り行きで・・・

さて今日は、思考を変えて “ 磯 探検 ” です。

居ました、いました「ヤドカリ」さんが
d0266457_2325331.jpg


d0266457_2331226.jpg

以下トリミング拡大
d0266457_2353988.jpg


d0266457_2355387.jpg

貝殻径は25mm程度でした。
最初は磯の潮溜まりに居ましたが、砂浜スタジオへ移動してもらいました
驚いたのでしょう、スタジオでは10分程度はただの貝殻でした。
やがてヤドカリらしい動きが、しかし筆者の動きを感知したのか
あまり近づきすぎると、また貝殻に変身、根気勝負でした。
砂浜に膝を付けての撮影に、ズボンもビッショリ!
撮影後、丁重に礼を言い、元の場所にお帰り頂きました。
d0266457_2383626.jpg

住宅関連の企業コマーシャルで、確か高木ブーさんのウクレレに合わせた
3匹の「ヤドカリ」、どのようにして撮られたのでしょうね。
スゴ技にいつも感心して見ていました。



そして、少し大きな石をどかしてみると

居ました、いました「カニ」さんが

甲幅 15mm程度の
パンダ模様が印象的でした
先輩方には “ のらくろ ” のほうが・・・
d0266457_23101869.jpg


甲幅 30mm程度で
岩上スタジオでの撮影でしたが
動作がゆっくりで、睡眠中を起こしてしまったのかな?
d0266457_231052100.jpg


d0266457_2311377.jpg

海辺の“ テディベア ” ?
d0266457_23111821.jpg


甲幅 20mm程度の
一番多くみられる、保護色模様系の「カニ」さんです
この子たちは、スタジオでは一秒もじっとしていることはありません。
d0266457_23114190.jpg



「ヤドカリ」さんにも「カニ」さんにもそれぞれの固有種名があり
またこの日のための参考書も一冊持っているのですが、磯の生き物は難解です。
徐々に特定できるようになればと思っておりますが、それまでは「***」さんと
言うことで・・・

最近は海辺を回ってから、野山の住認さがしのコースが多いです。
やはり、ここ観音崎はいいですね。
2時間もあれば、海辺の住認と野山の住認の両方に会うことが
出来るのですから、最高です。

この“磯探検”ですが、いつでも出来るわけではありません。
お月様との相談で、ある程度の干潮が条件になります。
[PR]
by pastel24 | 2013-03-04 23:21 | 磯の生き物
<< 草の根を分けて ~啓蟄~ 忘れてました ~スズメ~ >>