アリと鳥の羽根

昨日の鳥の羽根で思い出し、蔵の中を探してみました。
チョット古い写真(2007年9月 雪国植物園 撮影)ですが

道端に落ちていた鳥の羽根に、なんか不思議な動きを感じました。
d0266457_23335897.jpg

一本はすでにアリの巣の入口に
そしてもう一本は運搬中でした。

運搬中の羽根も、いとも簡単に
別の入口に立てかけました。が・・・
d0266457_23342569.jpg

さて、うまく中に引き込めるのでしょうか?
暫くは試行錯誤の様子でした。
d0266457_2334544.jpg

結果は定かではありません
今考えると、最後まで観察すればよかったのにとの想いも

アリと鳥の羽根、色々な因果関係をジョークをまじえて想像してみました

時期が9月と言うこともあり、冬の準備として
・寒さしのぎの敷布団&掛布団?
・女王アリへの貢物?
・入口の雨水侵入防止栓? 
・旨い不味いは分かりませんが保存食?等々

鳥たちから抜け落ちた羽根、何匹のアリに恩恵をもたらしたのでしょう?
用途はさておき、意外な所でリサイクルされていることに、筆者感心!


古い写真で恐縮でした。
今日のフィールドの様子を少々

目線には、ほんの僅かですが外周を黄色く染め始めた「ミツマタ」が
d0266457_23353525.jpg


そして、足元では、いつの間にか「ホトケノザ」が花を付け
d0266457_2336586.jpg


この他に、「オオイヌノフグリ」 「ヒメオドリコソウ」 「ハコベ」
などが、小さな花を付け始めました。

あと一週間で3月ですね
[PR]
by pastel24 | 2013-02-21 23:38 | 虫たち
<< おしゃれなマフラー ~キジバト~ 七変化 ~ダウンジャケット~ >>