そんな目つきを・・・ ~アライグマ~

そんな目つきをされても、何もしてやることは出来なくて・・・

観音崎で出会った「アライグマ」です。
2名の自然保護レンジャーの方でしょうか?に連れられて捕獲檻のなか
野生の目付きはすっかり失せ、何かを哀願するような眼差しに戸惑いました。

d0266457_22525068.jpg


d0266457_2253823.jpg


d0266457_22531274.jpg


ここ観音崎でも、「アライグマ」が増えたようです。
普段、鉢合わせしたことはありませんが、近隣の民家近くで見かけたとの情報もある
ようです。
この捕獲、アライグマの繁殖力は旺盛で、生態系への悪影響を心配した活動の一環
なのでしょう。
もともとは、日本には存在しない動物でしたが、人間がペットなどとして飼っていた
ものが飼育放棄され、野生化し増え続けているようです。
人間の勝手により野生化し、今また人間の手により捕獲される。でもこれが人間社会
の現実かつ矛盾なのでしょう。
言い訳がましいようですが、筆者やレンジャーの方たちは君たちに何の罪もないことは
十分に承知しているのですが・・・・到底、理解してもらえないだろうな・・・
(11月15日 観音崎にて)
[PR]
by pastel24 | 2012-12-02 22:59 | 小動物など
<< 海辺の住認たち(3)~潮だまり~ 手ぶらで帰る訳にもゆかず >>