水面に映る“逆さ鳥”

先日、久しぶりにカワセミの「トン」の様子を見に行きました。
1時間程度いましたが、この日は会うことが出来ませんでした。

そんな中、「コサギ」と「アオサギ」が遊んでくれました
今日は、水面に焦点を合わせてみました。

先ずは「コサギ」君から
d0266457_22111842.jpg



d0266457_22143435.jpg



d0266457_22115024.jpg







そして、貫録の「アオサギ」君
d0266457_2216785.jpg




d0266457_22162278.jpg




d0266457_22163832.jpg







水面に染まる秋色 (これは実像の後姿で“逆さコサギ”ではありません)
d0266457_2217036.jpg

さて、コサギは小魚を捕ったり、歩き回っていましたが、アオサギはと言うとじっと
している姿がほとんどでした。先日、磯でのアオサギを紹介しましたが、この子たち
の餌取り場は海辺で、物思いにふけるときは、波音もなく落ち着いた(人間に邪魔
されることもありますが)このような場所を選んでいるのでしょうか?
またまた勝手な筆者の想像でした。(11月20日 トンボの王国にて)
[PR]
by pastel24 | 2012-11-27 22:30 |
<< 日没に想いをはせる 飽きもせず ~ムラサキツバメ~ >>