飽きもせず ~ムラサキツバメ~

ヤマトシジミにも会うこともなく寂しいこの頃です。
そんな折、昨日は以前より気になっていた樹上で舞う謎の物体の観察に時間を費やし
てみました。最後まで樹上で飛び回り、下枝のほうには降りてこず、写真としては
見苦しいものとなってしまいました。
飽きもせず、上ばかり向いていたので首も疲れましたが

画面中央に一頭
d0266457_2232588.jpg

画面中央やや上部に一頭、左の葉上部に一頭飛躍
d0266457_22323377.jpg

画面中央に一頭飛躍、その斜め右下に開翅の一頭
d0266457_22324511.jpg

この物体の正体は「ムラサキツバメ」です。シロダモの樹上に少なくとも4個体は
おりました。この蝶は、集団越冬で冬を乗り切ることで知られています。
冬場の楽しみとして、出来れば集団越冬の場所の見当をとの思いで観察してみました。
この樹木の近辺だろうと勝手に思い込んでみましたが、実際の越冬現場を突き止める
のは並大抵なことではないでしょう。よく蜂の巣を捜すのに蜂にリボン(目印)を
付けて追いかけて探し当てる方法をテレビで見たことがあり、発想に感心したものの
蝶にはちょっと無理。 幸運を信じ、地道に観察を続けてみるつもりです。

解説しないと分からないリアルタイムの写真3枚でしたが
やや寂しい気がしましたので、蔵の中からですが以前に撮った写真をアップします。

♀です
d0266457_2234299.jpg

♂です
d0266457_22342317.jpg

翅を閉じると
d0266457_22345162.jpg

[PR]
by pastel24 | 2012-11-26 22:43 | 蝶や蛾
<< 水面に映る“逆さ鳥” 晩秋に咲く ~ハナカイドウ~ >>