タイムスリップ ~アゲハの幼虫~

話は10月25日にアップした庭のサンショウにいたアゲハの幼虫についてのその後から
始まります。28日までは確認できたのですが、翌日は行方不明になってしまいました。
心当たりを捜したのですが見つからず、アクシデントがあったような形跡もないことから
家の周りでは時として、考えられないような場所でサナギになることもありどこか秘密の
場所でサナギになったという結論にしました。
そして雨上がりの今日の庭では、先日の終齢幼虫から タイムスリップ したように
若齢(3~4齢)幼虫を一頭発見しました。
サンショウも新芽が出てきて一頭分の食糧程度はまかなえそうですが・・・

あの時は、蕾だったバックの「ツワブキ」は今が盛りになりました。
d0266457_20285955.jpg


d0266457_20342842.jpg
d0266457_20344170.jpg
d0266457_20345712.jpg


さて、この際 タイムスリップ をもう少し戻してみます。
羽化後の感動のワンシーンです。
d0266457_2035282.jpg


詳細は ↓ の More をクリックしてください。




More 夏休み自由研究より “ First meal ” 

以前、大人の夏休みの自由研究(笑)と称して、卵から羽化まで観察したことがあります。
その時、1mm程度の卵からふ化し、体すべてが出た後、卵のほうへ方向転換し、卵の
殻を少しずつ、ゆっくり食べる “ First meal ” にはただただ感動でした。

感動のシーンを時系列にて
15:59
d0266457_20462718.jpg

16:03
d0266457_20482636.jpg

16:18
d0266457_20484871.jpg

16:20
d0266457_2049121.jpg

16:21
d0266457_20493372.jpg

18:02
d0266457_2050136.jpg

別個体ですが、参考まで
d0266457_20502656.jpg

ふ化後の幼虫の本能と言えばそれまでですが、体長3mmにも満たない幼虫にも目もあり口もあり、すぐさま五感を頼りに生き抜く力強さが伝わってきました。
(撮影2008年7月 自宅にて)

追加
若齢から終齢への脱皮時は、脱皮痕を食べます
きっと特別の栄養素があるのでしょう?
d0266457_22162314.jpg
d0266457_22164216.jpg

[PR]
by pastel24 | 2012-11-18 20:59 | 蝶や蛾
<< 秋色のカマキリ 予期せぬ場所で ~ジョウビタキ~ >>