タグ:愉快な仲間たち ( 40 ) タグの人気記事

冬の記憶 (1)


なんて、大袈裟なタイトルにしてみましたが、何のことは無く
この冬、何気なくレンズを向けてしまった在庫整理です。

「イヌビワ」編

見事に左フックが顔面を捉えました
d0266457_23113025.jpg

とどめのアッパーカットです。
d0266457_23113684.jpg

勝利の雄叫び
d0266457_23114598.jpg

これでボクシング中継は終わります(汗)

がらっと変わり

嘘泣き
d0266457_23115247.jpg

半べそ
d0266457_23115836.jpg

腹話術
d0266457_23120743.jpg

一番獲って、鼻高々
d0266457_23121412.jpg

今季の流行ファッション
d0266457_23122109.jpg

イヌビワ界の長老
d0266457_23122960.jpg



「アジサイ」編

ペンギン? それともカエル??
どっちでもいいか(笑)
d0266457_23140161.jpg

流行のキャベツヘアー
d0266457_23140840.jpg

男の子に
d0266457_23142239.jpg

女の子
d0266457_23143328.jpg

恒例の冬ならではの楽しみ。
冬芽(葉痕)などの愉快な仲間たち
気が付くたびに結構たくさん撮ったのですが、年ごとに丁寧さが
欠けてゆくようで、これと言ったものがありませんでした

テロップ考えるのはひと苦労です。
大の大人(年寄り)が頭の中をリセットし、バカじゃないかと・・・(恥)
(撮影1月&2月 観音崎) (トリミングあり)




[PR]
by pastel24 | 2016-03-14 23:58 | その他 | Comments(2)

Break Time 4態


忙しない師走
と言っても、筆者はいつも通りですが・・・
大掃除、年賀状 やはり面倒です

筆者の担当は、窓・換気扇、そして風呂の天井等々
早めに着手すればよいのでしょうが、気合が入らず

そんな大掃除の前に、先ずは Break Time (笑)

① 何気なく撮った一匹のハエ
d0266457_16511662.jpg

  ゴミ箱行きの前に拡大したら、思わず吹き出してしまいました

d0266457_16512381.jpg

  もうすぐクリスマス、赤い帽子をかぶせれば、何となく使えそうなキャラにも・・・




② 江戸前 「安土」の のれんをくぐると

d0266457_16512939.jpg

  “ らっしゃい ”  大将の威勢の良い声

  ちなみにお店の名、大将の名前から付けたそうです

  そう言えば、定年になってから大将のいるようなお店行ったことが無いなぁ

  でも、大将がいるような店に行くと、こちらが気を遣ってしまうときがあります
  その点、店長がしきっているお店は良いですね。もちろん値段もですが・・・




③ 笑い過ぎて、 あ・・顎が

d0266457_16513775.jpg

  筆者は経験したことはありませんが、あくびや歯科治療などで顎が外れることが
  あるようですね。経験したことのないものには、信じがたいですが・・・




④ 黄のロングドレスに身を包みスタイル抜群、愛嬌たっぷりのようですが

d0266457_16514497.jpg

  実は無愛想、意外と恥ずかしがり屋なのか、すぐに隠れてしまします



リフレッシュどころか、ダジャレで余計に疲れさせてしまいました(謝)
寒ぅ~い ジョークに お風邪など引かれませんように・・・


データ等
① セマダライエバエ? (体長約8mm) 12/9日 観音崎にて
② アズチグモ ♂ (体長約7mm) 12/9日 観音崎にて
③ アカスジキンカメムシ 3 or 4齢幼虫 (体長約8mm) 11/17日 観音崎にて
④ ツマグロオオヨコバイ (体長約12mm) 11/17日 観音崎にて





[PR]
by pastel24 | 2015-12-15 23:59 | 虫たち | Comments(4)

愉快な仲間たち


この冬の散策中に撮りためた写真です
自然の遊びごころ、楽しいですね
ついついレンズを向けてしまいます

☆ 食べないでくれ~
d0266457_21502140.jpg


☆ 喉が痛い・・・シューしとこ
d0266457_21502934.jpg


☆ 手鏡見つめて、おめかし中
d0266457_21503604.jpg


☆ 怒っているの、笑っているの?
d0266457_21504481.jpg


☆ ゾウさん
d0266457_21505269.jpg


☆ 新種の鳥?「カレハツグミ」
d0266457_21510167.jpg


☆ 水の中に リスの親子
d0266457_21510872.jpg


☆ サングラスがお似合い
d0266457_21511622.jpg


☆ 愛の樹窓
d0266457_21512644.jpg


☆ 野原の監視員
d0266457_21513468.jpg


☆ 団地の守護神
d0266457_21541595.jpg


テロップかなり無理がありました(汗)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

きょうの一枚

家賃はいくら?
(チョウゲンボウの新居)
d0266457_21542561.jpg

新居で抱卵中のようです


私事ですが、市議会選の応援を頼まれたので
暫くブログの更新は、お休みです。

再開時、雛の写真でもアップできればよいのですが・・・



[PR]
by pastel24 | 2015-04-19 00:10 | その他 | Comments(2)

初散策 あれこれ ~冬芽など~


昨日、午後からになってしまいましたが
今年最初のMF散策に出かけてみました

真っ先に向かった先は、迷わずムラサキツバメの塒
死角で塒の様子ははっきりと確認できた訳ではありませんが
同じ葉上に何頭かいる気配、30分ほど見張って見ましたが
周囲を飛び交う姿もなく。結果、肩透かしと言うことに

ムラサキツバメは諦め、次は成り行きで鳥見に変更・・・
こちらは、いつもの「スズメ」「メジロ」「シジュウガラ」「ヒヨドリ」
「ハクセキレイ」「アオジ」そして池では「カワセミ」が
他には「アカハラ」を何度か見かけました。印象に残ったのは急に
「ツグミ」が増えたように感じました。
淡い期待をしていた「ウソ」の今季初見は叶いませんでした。

初散策のアップはムラサキツバメかウソと勝手に決め込んでいましたが
いまさらながら生き物相手、思い通りには行きません・・・残念
          ・
          ・
          ・
そこで、困った時の「オニグルミ」を訪ねてみました

居た居た・・・ひょうきんな冬芽とご対面

やさしい冬芽の長老が出迎えてくれました
d0266457_23210367.jpg


正面顔より、横顔が滑稽な素浪人
d0266457_23211168.jpg


遠慮がちなピースポーズで、はいチーズ
d0266457_23211957.jpg


ウルトラビーム・・・とはいうものの
あまり強そうには見えないウルトラマン
d0266457_23212920.jpg


騒がしい と思ったら・・・あらあら
d0266457_23213633.jpg

正月早々喧嘩はほどほどに


そうだ 「 タラノキ 」 はどうしているかな
自慢のネックレス こちらも健在でした
d0266457_23215100.jpg



そして、花の広場では 「 河津さくら 」 の幼木が一花付けていました
d0266457_23215928.jpg



こちらは 「 カイドウ 」 ですが、毎年決まって冬に少しの花を付けます
d0266457_23220691.jpg



足元に一株、菜の花の仲間でしょうか
d0266457_23221498.jpg


春はまだ先ですが、どこにでもせっかちな
住認たちはいるものですね

たまには、虫や鳥さんを抜いた住認たちのアップ
特に冬芽や葉痕は楽しいです
(4日 観音崎にて) (一部トリミングあり)



[PR]
by pastel24 | 2015-01-05 23:59 | 草花 | Comments(0)

MFの初日の出



d0266457_20321074.jpg


上の写真ですが、暮れにルリビタキを撮りに行った公園で目が
会ってしまいました。

この公園には、伐採した木や枝を利用し、動物・鳥・昆虫等々
たくさんのオブジェが点在しています。
今回のものは帰り際に公園の入り口の近くに置いてありました。
この日は、ルリビタキの探索でオブジェを見ている余裕などあり
ませんでした。
今度、ゆっくりオブジェ鑑賞もいいかも・・・
30種類ぐらいはあるかもしれません。



さて、2015の幕開け、寒い一日でした
ほんの少しですが、雪も舞いました。

下の写真は、MF観音崎での初日の出になります。
d0266457_20343397.jpg


d0266457_20344285.jpg

筆者は今日は駄目だろうと思い、家で朝寝坊
息子がスマホで撮って来たものです。
たまたま、日の出の時だけ雲間が出来たとのこと


末尾になりましたが
今年もどうぞ宜しくお願いいたします





[PR]
by pastel24 | 2015-01-01 23:29 | その他 | Comments(6)

寒空の中で 二題


暫く続いた、穏やかな秋日和から
今日は一転曇り空、肌寒い一日でした
そんな中での出会いを二題


第一章 ~ フィギュアが二つ ~

フィギュアと言っても、昆虫ガチャガチャが二つ
道端に落ちていました

d0266457_22541031.jpg


d0266457_22541888.jpg

すごく精巧に作られているのにはビックリ!!
バッタはお馴染みですが、トゲナナフシともなると
かなりレアで、相当な昆虫コレクターが落としたのでしょう


そして昆虫対決・・・ 童心に戻りちょっと遊んでみました

d0266457_22542622.jpg


d0266457_22543654.jpg

遊び心での展開、不謹慎かと思いましたが、筆者流供養と言うことで

「トゲナナフシ」については、損傷もあり、すぐに息途絶えているのが
分かりました。 「フキバッタ」については生きているように見えました。
ちょっと触って見たところ、既にフィギュアと化していました。
両者の距離は50cmほどでした。何かの巡り合わせでしょうか

死因については分かりませんが
どちらも自然死、大往生なら良いのですが・・・
そんなことを思いつつ、撮影後道脇の草むらに






舞台は変わり

第2章 ~ ススキの隙間から ~


あれっ、誰かがこっちを見てる?

誰だろう・・・

d0266457_22591564.jpg






なーんだ 君だったのか

d0266457_22592334.jpg


すっかり寂しくなったね
今日、会えたのは君だけ・・・

d0266457_22593018.jpg


明日は、今日より少しでも暖かくなるといいね

d0266457_23014179.jpg


風は強くはありませんでしたが「チャバネセセリ」が
ススキにしっかりつかまり、じっとしていました。

このススキの野原では、モズを良く見かけます。
そんなことで、昨年撮りそこなったススキに止るモズを
待っていた時の予期せぬ嬉しい出会いになりました。

13と14日の両日には の記事のように13種にも会えたのに
今日は午後の2時間程度の散策で陽射しもなかったとはいえ
会えたのはこの一頭だけでした。
僅かに二日経過しただけなのに・・・
(17日 観音崎にて) (一部トリミングあり)





[PR]
by pastel24 | 2014-11-17 23:59 | 虫たち | Comments(2)

宝石箱より(2) 蝶のブローチ


チョウを模った、ハンドメイドの
ブローチ4点の紹介です (笑)


① 「ウラギンシジミ」
d0266457_23245559.jpg




② 「カラスアゲハ」
d0266457_23250540.jpg




③ 「アゲハ」
d0266457_23251533.jpg




④ 「モンキアゲハ」 「モンキチョウ」
d0266457_23253463.jpg


コレクション、もっとたくさん増えればいいなぁ~(笑)

データ
①&③ 8/4日
② 7/15日  ④ 7/14日
観音崎にて (トリミングあり)




[PR]
by pastel24 | 2014-08-10 23:36 | 蝶や蛾 | Comments(4)

酒場模様(1) 些細なことから


常連のスズメバチや、カナブンの影もなく
閑古鳥鳴く樹液酒場では・・・
d0266457_22565949.jpg

「アカボシゴマダラ」が仲良く、ほろ酔い加減
一つの器に二本のストロー、まるで恋人同士のように見えました
   ・
   ・
   ・
と、次の瞬間・・・
4コマ実況にて(笑)
d0266457_22570871.jpg

d0266457_22571673.jpg

d0266457_22572774.jpg

d0266457_22573544.jpg

収まる気配もなく、店主あわてて110番 (笑)





そして三日後

再びお店をのぞいてみました
どうやら、出入り禁止になったようで、店内に姿はありませんでした
この日は、ゴマダラチョウが一人グラスを傾けていました(次回にでも)

新装開店のお店はないか、クヌギ横丁を暫くぶらついたところ
横丁の2階の、とあるお店に・・・
d0266457_22574260.jpg

先日、署で大分説教されたのでしょうか
この日は、カナブンも加わり、争うこともなく穏やかに・・・

そして、一人の「サトキマダラヒカゲ」が細い樹に止り
お店の中を覗っていました。
d0266457_22575183.jpg

いつもだと、大勢揃って賑やかに飲食している様子を見掛ける
のですが一人だと、のれんをくぐる勇気が無いのでしょうか?

アカボシ、♂♀、また同一個体なのか等、分かりませんので
添え文、フィクションです(笑)

アカボシゴマダラですが春型はほとんど見かけなかったのですが
樹上を飛んでいるところを含め、ここにきて夏型、例年並みに
見かけるようになりました。
サトキマダラヒカゲは、夏前を含め今年は少ないように感じます

データ
7/27&30日 
観音崎にて (一部トリミングあり)





[PR]
by pastel24 | 2014-08-01 23:48 | 蝶や蛾 | Comments(4)

わたしを見て ~ルリシジミ~


d0266457_2325611.jpg

梅雨の合間を通り越して
今日の海は一転、真夏を思わせる
限りなく白い、大きな雲が湧いていました

d0266457_2332411.jpg

手前の漁師さんは “ あさり採り ” の最中です



さて、本題のルリシジミです

“ わたしを見て ” とばかりに
「ルリシジミ」(以下ルリ嬢)が思いきり翅を開きました

d0266457_2353363.jpg

やぁ~
オジサン、ちょっと話し込んでしまいました
d0266457_2365310.jpg

「ルリ嬢」
同じシジミチョウなのに、ゼフィルスと言う良くわからない名前を
付けられたチョウたちは、ちやほやされていいな~

「オジサン」
ひがむなよ~
彼らにだって彼らなりの苦労があるのだから
朝から晩まで、いつもたくさんのレンズを向けられて
時には生後間もなく指にまで載せられ、愛嬌をふりまいたり
人気者はそれなりにストレスもあるみたいヨ・・・

「ルリ嬢」
ふーん、そんなもんかね
カメラマンに愛嬌をふりまくのは私も一緒。 だって
カメラと対峙している時は、鳥や網の恐怖は無いからね

「オジサン」
よく分かっているじゃないか。
もちろん君も大切な被写体に変わりないよ
ところで、お仲間のツバメシジミまだ見てないけど
何かうわさを知っているかい・・・

たわいもない会話でした(笑) 
(5/25日 近所にて)

もちろん頑張っている君も忘れていないよ(13日 観音崎)
d0266457_2372955.jpg


と言いつつも気になるのはやはり、MFミドリシジミ

10日は
簡易椅子まで持参し、3時間余いましたが
樹上髙くに見つけた、この1枚の写真のみ
d0266457_2374981.jpg

(右にトンボのようなのが写っていますが拡大したところ
コンボウアメバチの仲間のようです。いつもは林縁の草
むらのイメージですが、こんな高い所も飛ぶんですね!)

そして今日(13日)は
午後2時間程いましたが、鳴かず飛ばず
帰りがけにやっと、ハンノキから少し離れた場所で
d0266457_23853100.jpg

来季へ夢を繋ぐだろう一頭の♀を確認しました
d0266457_2391710.jpg

思わず、もうお産はすましたの?
と尋ねてしまいました・・・
[PR]
by pastel24 | 2014-06-13 23:16 | 蝶や蛾 | Comments(1)

林縁の床屋さん ~ ネグロクシヒゲガガンボ ~


林縁シリーズ、お巡りさんに続いて
今回は、床屋さん(ネグロクシヒゲガガンボ)です(注1)

ここの店主は商売道具の櫛を肌身離さず
いつも頭に着けています
d0266457_23543730.jpg


d0266457_23545297.jpg


d0266457_2355876.jpg


d0266457_23552957.jpg


d0266457_23554683.jpg


お店の紹介、忘れてました
以下は、ジョークを交えて・・・

d0266457_235641.jpg

場所は観音崎の林縁通りです

散髪を終え、サッパリした顔つきで
常連(クサギカメムシ)さんがお店から出てきました
d0266457_23562638.jpg


ちなみにご家族も紹介します

店主が自慢の綺麗な奥さん(キハラゴマダラヒトリ)です(注2)
d0266457_23564915.jpg

たまにはお店を手伝うようで、やはり自前の櫛を持ってます
(櫛、はっきり撮れませんでした 汗)

さて、息子さんはと言うと・・・
d0266457_23571724.jpg


d0266457_2357338.jpg

実家の床屋を継がずに、土木関係の会社に就職したそうです
今日も道路工事のお仕事で、汗を流していました


注1) 同定についてはネグロクシヒゲガガンボ♂に一番似ているという程度です
    体長は約20mmです

注2) 捕まえて翅の下を確認しないと、キハラかアカハラかそれ以外かは
    不明。よって多分ということで
    また、便宜上奥さんとしましたが、触角が櫛状になるのは♂で ♀の場合は
    ただの棒状のようです


以前ホリカワクシガタガガンボにも会ったことがありその時も触角が印象深かったこと
を思い出します。 この他にも、甲虫やハチやアブ、そして極め付きは蛾に至るまで
かなり個性的で複雑な触角をもった昆虫たちがたくさんいます。
肉眼では気が付かなくても、写真をよく見ると分かることがあり、楽しいです。

各々がそれなりの必要性を兼ねたベストの構造とは思いますが、何の意味があるのだろうと
いつも不思議に思う筆者です

データ 床屋と客 4/23日 観音崎
    奥さん  4/26日 市内(太田和)
    息子   4/24日 観音崎(床屋とは直線で400m程離れてました)
    (トリミングあり)
[PR]
by pastel24 | 2014-05-28 23:59 | 虫たち | Comments(2)