タグ:平伏沼と周辺 ( 11 ) タグの人気記事

モリアオガエルが棲むという(終)

10年ほど前に年間を通じ、四季折々の自然を魅せてくれた
平伏沼のアップも今回が最終回になります。
2004年5月29日と30日に訪れた時のものです

樹上には「モリアオガエル」の姿がありました。
d0266457_23481080.jpg


d0266457_23483587.jpg


d0266457_23495892.jpg

ラストは反省の一枚です。
小枝にいたのでカメラを向けたところ、驚いたのか枝からこの後水面へ
折角ここまで登って来たのに、申し訳ない気持ちになりました


「ホソミオツネントンボ」もいました
d0266457_23504258.jpg


足元には「ギンリョウソウ」が
d0266457_23512093.jpg


そして沼のほとりで、主(ぬし)のような存在の「ミズナラ」が
この日も、やさしく沼の様子を見つめていました
d0266457_23515486.jpg


コンデジを購入しては見たものの、それほど興味はありませんでしたが
写真の楽しさを教えてくれたのが、この平伏沼との出会いでした。

最近のWeb情報を見たところ、6月には観察会も企画されているようです。
間もなく産卵の知らせも届くころでしょう

思い出に慕っているばかりではいけませんね。
もう一度、訪れてやらなければ・・・

(1)においての、同日に写真に収めた産卵シーンと合わせて
宜しければ、四季の移り変わりの素晴らしさを順にご覧いただければ幸いです


あとがき [ 2012年6月22日、(1)にて記文の写し ]

遅くなりましたが、震災並びに原発事故で避難を余儀なくされた皆様方には心よりお見舞
い申し上げます。
また生態系への影響が心配でしたが、最近のニュースで例年並みの卵塊が確認されたとの
報をみて少しですが安堵しました。村民の皆様方の「かえる かわうち」の想いが通じた
のでしょう。平和で自然と融合した素晴らしい川内に、当たり前だった生活に一日も早く
戻ることを祈っております。
[PR]
by pastel24 | 2013-05-30 23:56 | その他 | Comments(0)

モリアオガエルが棲むという(10)


古い写真になります
d0266457_2339178.jpg

前回は水が枯れた沼の様子をアップしましたが
あれから2週間ほど経過した2004年4月10日
平伏沼を再訪してみました
d0266457_23403862.jpg


d0266457_23405610.jpg


d0266457_2341595.jpg

前回とはうって変わり、水を貯めた沼がそこにはありました

当たり前の光景なのですが、わずかな残り雪もすっかり消え、
春の光の中で、水面の息遣いだけが聞こえてきました
訪ねてよかったとの想いがこみ上げました

これからは様々な植物や昆虫を育んでいくことでしょう
この季節、沼にとってはまさに一年の始まりの時なのでしょう




あとがき [ 2012年6月22日、(1)にて記文の写し ]

遅くなりましたが、震災並びに原発事故で避難を余儀なくされた皆様方には心よりお見舞
い申し上げます。
また生態系への影響が心配でしたが、最近のニュースで例年並みの卵塊が確認されたとの
報をみて少しですが安堵しました。村民の皆様方の「かえる かわうち」の想いが通じた
のでしょう。平和で自然と融合した素晴らしい川内に、当たり前だった生活に一日も早く
戻ることを祈っております。
昔の写真ですが時々、平伏沼とその周辺の四季をアップしてゆこうと思っております。
[PR]
by pastel24 | 2013-04-14 23:44 | その他 | Comments(0)

モリアオガエルが棲むという(9)

写真を始めた頃の 古い記録のアップになります
前回から20日ほど経過した2004年3月28日
沼の様子が気になり訪れてみました

d0266457_2342816.jpg


d0266457_23422394.jpg

ほんのひと塊の雪を残し、沼は干上がっていました
雪解け水が蒸発し、乾燥の日々が続いたのでしょうか
沼に水がないと、手持無沙汰の感はぬぐいきれませんね。

そこで麓にある川内村の「草野心平 記念館」を訪ねてみました。
この立派な茅葺屋根の建物は、心平の蔵書を収めた「天山文庫」です。
d0266457_23435432.jpg


d0266457_2344821.jpg

草野心平はカエルを題材にした作品が多く、そのような縁で川内村の名誉村民となり
この文庫が設立されたようです。

当時、宮沢賢治などとも同人誌を通じ親交があり、心平なくして賢治は世に出なかった
との一説もあるようです

この記念館も震災後閉鎖しておりましたが、昨年の8月には再開したようで何よりです



あとがき [ 2012年6月22日、(1)にて記文の写し ]

遅くなりましたが、震災並びに原発事故で避難を余儀なくされた皆様方には心よりお見舞
い申し上げます。
また生態系への影響が心配でしたが、最近のニュースで例年並みの卵塊が確認されたとの
報をみて少しですが安堵しました。村民の皆様方の「かえる かわうち」の想いが通じた
のでしょう。平和で自然と融合した素晴らしい川内に、当たり前だった生活に一日も早く
戻ることを祈っております。
昔の写真ですが時々、平伏沼とその周辺の四季をアップしてゆこうと思っております。
[PR]
by pastel24 | 2013-03-30 23:46 | その他 | Comments(0)

モリアオガエルが棲むという(8)

ちょうど9年前の古い写真です(2004年3月7日 撮影)
前回訪れた年末から、2ヶ月半ほどが経過しました

d0266457_23261288.jpg


コンデジ片手に、写真を撮るの、が楽しかった頃でした
四季折々、通い続けた平伏沼にも早春が・・・
d0266457_23273629.jpg


d0266457_2327486.jpg


d0266457_2328551.jpg


沼のシンボル「ミズナラ」と遊んでみました。
d0266457_2329126.jpg


d0266457_23471580.jpg


d0266457_23294119.jpg


そして、雪の上には
     真新しい足跡も・・・
d0266457_23301476.jpg


3月とは言うものの
路面の状態などを考えると、恐る恐るの様子見でした。

結果はナイスタイミング!!訪ねて良かった!!
冬から目覚めた沼の様子に大感激のひと時でした。


あとがき [ 2012年6月22日、(1)にて記文の写し ]
遅くなりましたが、震災並びに原発事故で避難を余儀なくされた皆様方には心よりお見舞
い申し上げます。
また生態系への影響が心配でしたが、最近のニュースで例年並みの卵塊が確認されたとの
報をみて少しですが安堵しました。村民の皆様方の「かえる かわうち」の想いが通じた
のでしょう。平和で自然と融合した素晴らしい川内に、当たり前だった生活に一日も早く
戻ることを祈っております。
昔の写真ですが時々、平伏沼とその周辺の四季をアップしてゆこうと思っております。
[PR]
by pastel24 | 2013-03-07 23:36 | その他 | Comments(0)

モリアオガエルが棲むという(7)

今年も残すところ、千秋楽の一日となりました。
拙いブログでしたが、何とか半年続けることが出来ました。
ブログの初回に思い出深き平伏沼を題材にしたこともあり
古い写真になりますが、今年の最後もこの沼で〆たいと思います

さて、前回は平伏沼とその周辺の、素晴らしい秋模様を紹介しましたが
あれから2ヶ月ほど経ち、雪をまとった沼の様子です。
訪れる度に、四季折々の異なる自然に感動を覚えます
(2003年12月21日 撮影)
d0266457_23363588.jpg


d0266457_23364792.jpg


d0266457_2337462.jpg


d0266457_23372436.jpg

最後の写真の小さな小屋ですが、モリアオガエルの産卵や卵魂を保護する
監理員のための監視小屋で、産卵期以外は無人のようです。


この時期訪れる人はなく、雪上には筆者一人の足跡の他には何もありません。
新雪を踏みしめる感触に、冬の初めを独り占め、これほどに贅沢な時はありません。
まだ雪が降り始めたばかりだというのに、静まり返った沼とそのほとり
これから春まではより静寂な時を育むのでしょう。


さて、当時は携帯のアンテナマークも立たず、4WDとはいうものの
スタック等が心配で、少しばかりの非常食を持参しました。
わだちのない雪道、気持ちよさと不安さが・・・当時の愛車です。
d0266457_23381021.jpg


どうぞ、良いお年をお迎えください。


あとがき [ 2012年6月22日(1)にて記文の写し ]
遅くなりましたが、震災並びに原発事故で避難を余儀なくされた皆様方には心よりお見舞
い申し上げます。
また生態系への影響が心配でしたが、最近のニュースで例年並みの卵塊が確認されたとの
報をみて少しですが安堵しました。村民の皆様方の「かえる かわうち」の想いが通じた
のでしょう。平和で自然と融合した素晴らしい川内に、当たり前だった生活に一日も早く
戻ることを祈っております。
昔の写真ですが時々、平伏沼とその周辺の四季をアップしてゆこうと思っております。
[PR]
by pastel24 | 2012-12-30 23:44 | その他 | Comments(2)

モリアオガエルが棲むという(6)

昨日の続きになります。
駐車スペースに車を置き、ここから5分ほど山道を進むと平伏沼が現れます。

こんな感じの、ひっそりとした山道です
d0266457_2054199.jpg

沼の脇の大木の周りには柔らかな絨毯がひき詰められ
d0266457_20554853.jpg

そして標高842mにある沼は秋化粧
(2003年10月25日)
d0266457_2057359.jpg
d0266457_2057696.jpg

と思う間もなく、深みを帯びた色合いに
(同11月3日)
d0266457_20575942.jpg
d0266457_20581819.jpg

静まり返った平伏沼、じっとしていると体が冷えてきました。
素晴らしい秋を満喫させていただきました。感謝・感謝です
そして一週間後、秋は駆け足で・・・(下部 Moreにて)

あとがき [ 2012年6月22日(1)にて記文の写し ]
遅くなりましたが、震災並びに原発事故で避難を余儀なくされた皆様方には心よりお見舞
い申し上げます。
また生態系への影響が心配でしたが、最近のニュースで例年並みの卵塊が確認されたとの
報をみて少しですが安堵しました。村民の皆様方の「かえる かわうち」の想いが通じた
のでしょう。平和で自然と融合した素晴らしい川内に、当たり前だった生活に一日も早く
戻ることを祈っております。
昔の写真ですが時々、平伏沼とその周辺の四季をアップしてゆこうと思っております。

More そして一週間後
[PR]
by pastel24 | 2012-11-07 21:07 | その他 | Comments(0)

モリアオガエルが棲むという(5)

昔の写真で恐縮です。
(4)から約1か月後に紅葉散策を兼ね訪れた時の平伏沼とその周辺の様子です。
(2003年10月25日&11月3日の写真より)

この季節、沼だけではなく途中の林道からの紹介になります。
村内を通る36号線から林道に入り何軒かの民家を後にし、イワナも棲むという
千翁川渓谷沿いに林道は続きます。そして千翁川本流と別れ、なお林道を進み
ほぼ登り切ったところで脇道に入り少し行くと平伏沼用の駐車スペースがあります
林道の入口からここまでは約20分ぐらいでしょうか。

千翁川の下流では
d0266457_20414095.jpg

そして中流でしょうか、林道より川下へ降りてみました。
光の加減が、何とも言えない雰囲気でした。
d0266457_23344552.jpg

そして林道はと言うと、昔の面影を残した橋があったり
d0266457_20422191.jpg

新しい綺麗な道があったり
d0266457_20431060.jpg

様々ですが、所々道幅の狭いところがあるものの、林道としては良く整備されていました。
d0266457_2044419.jpg

やがて駐車スペースに着きました。そこから見た近くの山です
d0266457_20443477.jpg

ちなみに、上の写真は全てCanonのコンデジ“G2”です。
そして下の写真は、望遠系コンデジ“Pro90IS”で撮った一枚です。
d0266457_20452896.jpg

林道沿いの紅葉、写真の何倍も綺麗でした。
これだけ紅葉が素晴らしいにも関わらず、訪問者はほとんどいません。
自分だけの贅沢な秋を見つけた様な嬉しい気持ちでいっぱいでした。

続く・・・次は ~駐車場から沼へ~
[PR]
by pastel24 | 2012-11-06 23:52 | その他 | Comments(0)

モリアオガエルが棲むという(4)

昔の話で恐縮です。
(3)から約1か月後に訪れた時の平伏沼の様子です。
沼は、本格的な秋への衣替えの端境期のようで、落ち着いた雰囲気でした。
(2003年9月28日)
d0266457_2155514.jpg

d0266457_21574688.jpg


そんな中、目立ったのはトンボたちの羽化ラッシュの様子です。

沼の中の立木には、二種のトンボが仲良く羽化したようです。
水面に映っているのは、落葉高木のミズナラです。
d0266457_21162370.jpg

立木のアップです
d0266457_21163885.jpg

そしてここでも
d0266457_2120111.jpg

「ノシメトンボ」でしょうか?
d0266457_21204178.jpg

そしてイトトンボも
(同定は出来ませんが、参考までに近くでは5月に「ホソミオツネントンボ」
6月には「オゼイトトンボ」を見ています。時期的要素などから前者でしょうか?)
d0266457_212246.jpg


沼の中では、待機組もたくさんいました。
d0266457_21223560.jpg



そして、沼のある山から下った麓ではソバの花が
d0266457_21233189.jpg

普段何気なく食べているお蕎麦、ヘエッこれがと思うと先人の知恵の凄さを感じます。



あとがき [ 2012年6月22日 (1) にて記文の写し ]
遅くなりましたが、震災並びに原発事故で避難を余儀なくされた皆様方には心よりお見舞い申し上げます。
また生態系への影響が心配でしたが、最近のニュースで例年並みの卵塊が確認されたとの報をみて少し
ですが安堵しました。村民の皆様方の「かえる かわうち」の想いが通じたのでしょう。
平和で自然と融合した素晴らしい川内に、当たり前だった生活に一日も早く戻ることを祈っております。
時々、平伏沼とその周辺の思い出の四季をアップしてゆこうと思っております。
[PR]
by pastel24 | 2012-10-01 21:58 | トンボ | Comments(0)

モリアオガエルガ棲むという(3)

昔の話で恐縮です。
さて、すでに(1)(2)ではモリアオガエルの産卵、また樹上の卵魂をアップさせていただきました。
本来であれば、沼上に張り出した樹上の卵魂からオタマジャクシが沼に落ちる様子を記録に残し
たかったのですが、そのタイミングでの観察には都合が付かず訪問することは出来ませんでした
(1)(2)は2004年の写真でしたが、(3)からは時系列が逆戻りし2003年夏の終わりからの
再スタートとなります。

この平伏沼は標高842mの山上に位置し、数台がおける車置き場から、山道を200m程度入った
ところにあり、折々に素晴らしい姿を映し出してくれます。この日は雨上がりで、他に来訪者もなく
静かで神秘なたたずまいを見せてくれました。(2003年8月31日)
d0266457_1304382.jpg
d0266457_1305782.jpg
d0266457_1311323.jpg


あとがき(2012年6月22日記)
遅くなりましたが、震災並びに原発事故で避難を余儀なくされた皆様方には心よりお見舞い申し上げます。
また生態系への影響が心配でしたが、最近のニュースで例年並みの卵塊が確認されたとの報をみて少しで
すが安堵しました。村民の皆様方の「かえる かわうち」の想いが通じたのでしょう。平和で自然と融合した素
晴らしい川内に、当たり前だった生活に一日も早く戻ることを祈っております。
時々、平伏沼とその周辺の四季をアップしてゆこうと思っております。
[PR]
by pastel24 | 2012-09-01 01:33 | 両生類など | Comments(2)

モリアオガエルガ棲むという(2)

昔の話の続きで恐縮です。
さて、すでに(1)ではモリアオガエルの産卵をアップさせていただきました。その2週間後に再訪した時の沼の様子です。(2004年6月13日)
d0266457_22225767.jpg

木に何個かの卵塊が見てとれます。
d0266457_22234911.jpg

この年は沼には水があり問題はありませんが、2003年は降水量が少なく沼が干上がってしまっていたため、有志の方々と思うのですが、オタマジャクシが落ちるだろう地点に発泡スチロールの箱に水を張り、保護されていたのが印象的でした。(2003年6月22日)
d0266457_22334471.jpg

沼のある山からおりた、麓には自然の(休耕田?)お花畑がありました。
d0266457_22291221.jpg

遅くなりましたが、震災並びに原発事故で避難を余儀なくされた皆様方には心よりお見舞い申し上げます。また生態系への影響が心配でしたが、最近のニュースで例年並みの卵塊が確認されたとの報をみて少しですが安堵しました。村民の皆様方の「かえる かわうち」の想いが通じたのでしょう。平和で自然と融合した素晴らしい川内に、当たり前だった生活に一日も早く戻ることを祈っております。
時々、撮りためた写真にはなりますが、平伏沼とその周辺の四季の姿もアップしていこうと思っております
[PR]
by pastel24 | 2012-07-01 22:38 | 両生類など | Comments(0)