カテゴリ:両生類など( 10 )

ヤマアカガエルの卵 2016


18日の都心の大雪、当地は雪ではなく雨でしたが、翌日(19日)
近隣の雪の影響で新しい鳥たちが入ってきてはいないか、そして強風
で越冬蝶のムラサキツバメはどうしているか気になり、MFをひと回り
して見ました・

鳥たちについては、カシラダカなどを期待したのですが、いつもよりは
ムクドリが多いように感じました。雪による鳥たちの変化は無かったようでした。
ムラサキツバメについても、特に大きな変化はありませんでした。

そんな中、今季も「ヤマアカガエルの卵」を確認することが出来ました
d0266457_21025950.jpg

2013年に初めてヤマアカガエルの卵を見た時の感動と比べると、筆者の
テンションは下がっていますが、毎年同じ光景が見れること嬉しい限りです。

過去の3年間の見た記録は1月27日前後で、それに比べ今季は一週間程早いです。
実際の産卵は見た事がありませんが、一般的には産卵のタイミングは雨絡みと言われ
ており、卵の状況からして18日の雨中か雨の後に産卵したのではないかと思います。

卵の数ですが15塊ほどありました。ざっとひと塊を200個とすると3000個
程になります。2週間ほどで卵から這い出してオタマジャクシとなります。

このうち、何匹がカエルになれて、この池に戻ってこれるのでしょうね。
昨年は一度も見かけなかった大人のカエルでしたが、この卵、筆者の眼の届かない
どこかで確実に生を繋いでいた証なのですね。



そして、ちょっと心配なことも

この小池では初めてコサギの姿を見ました。
ここには、魚やザリガニはほとんどいないのに?
d0266457_21030723.jpg

コサギがカエルの卵を食べるかどうかは分かりませんが
筆者の姿を見てすぐ飛び立ちました。
卵の方はばらけた様子もなく、食べられたような形跡はありませんでした

心配性の筆者、もう一つ気になることが・・・
この池は、何度か登場したマルタンヤンマやギンヤンマの産卵場所です。
10mほどの円形の小さな池で、もしコサギが本気を出してヤゴを食べる
としたら、1日2日もあれば食べつくしてしまうことでしょう

自然のサイクルの中でコサギを悪者にするつもりはありませんが
ちょっと心配になった光景でした。
(19日 観音崎)


ヤマアカガエルの産卵について少々

気温が10℃を下回る11月頃になると落ち葉の下や土の中、池の底の泥の中など
で冬眠し(冬眠しないという説もあるようです)、厳冬期の低気圧を合図に♂と♀が
産卵のために同時に冬眠から一旦覚め、産卵後に再び春まで冬眠(春眠・休眠)する
という何ともユニークな生態です。
産卵場所が凍結すると卵が死滅することもあるというリスクを冒してまで真冬の産卵
を選択した歴史は、リスク以上に彼らにとっては子孫を残す確率がより高いということ
だったのでしょう。
一般的には、2週間程で孵化します。もう暫くすると、小さなオタマジャクシを見る
ことが出来ることでしょう





[PR]
by pastel24 | 2016-01-21 23:51 | 両生類など | Comments(0)

マムシ だぁ~!!!


ヘビの嫌いな方にはすみません
と言う筆者も苦手なほうですが
怖いもの見たさと言うことで・・・

昨日の出来事です
観音崎では初めて「マムシ」に遭遇しました。
それも、かなり立派な体格の・・・

d0266457_11400550.jpg

ちょうど道路脇の防護柵でナナフシ(後述)を撮っている時でした
気が付いたときは、筆者との間は2m弱でビックリです。
マムシの方もビックリしたようで、筆者から遠ざかり
3mほどの道路を横切り反対側の茂みに姿を消しました
時間にして10秒ぐらいでした

d0266457_11401465.jpg

いつもヘビを見るとゾクッとするのですが、彼らに有利な
草むらでなく道路上だったこと、あちらが離れて行ったことで
以外と冷静に直視でき、何枚か写真に撮る余裕もありました。

この季節、幼稚園児や小学生の遠足、課外授業なども多く
一応、ビジターセンターに遭遇場所を連絡しておきました

MFは大丈夫だろうと高を括っていましたが、草むらや林縁で
気が付かず最接近や、踏んだりしたりと思うと怖くなりました
気を付けなければ・・・

ちなみにマムシを見たのは10年ぶりぐらいになります
その時は、同じ町内の山際の方がゴミ置き場で見つけ捕獲した
とのことで、一升瓶の中でした。
今回のと比較すると、細くて小さく幼体でした。

特に雨上がりなどは、気を付けた方が良いようです
(16日 観音崎)

[PR]
by pastel24 | 2015-04-17 23:25 | 両生類など | Comments(0)

心配をよそに ~ヤマアカガエルの卵~


15日の午後の「ヤマアカガエル」の産卵池の様子です
d0266457_22274466.jpg

氷こそありませんが、水面がシャーベット状でいかにも冷たそう!
池などが凍ると、卵は死滅することもあるとのことで心配していたのですが

昨日(16日)は風は強かったのですが、ご覧のように雪はすっかり解け
いつもの池に戻ってました。
d0266457_22283569.jpg


目を凝らして見ると、そんな心配をよそに
10mmにも満たない孵化したオタマジャクシがあちらこちらに
d0266457_22291489.jpg

下の写真は、防水コンデジで水中に浸して撮ってみましたが、いまいち
d0266457_22293594.jpg

まだ頭が大きく、尻尾が細い、いわゆる♪型は少ないですが、孵化直の
殆ど泳がない、寸胴型が多かったです。

また、卵の中に閉じこもった予備軍の卵魂も、まだたくさんありました
d0266457_2230775.jpg

さて、生みたてらしき卵を発見したのが1月27日でしたので、あれから
約3週間が経過しています。水温などによっても異なるようですが一般的に
孵化まで2週間と言われています。何日か前に覗いたときは気が付きません
でしたが、既に孵化が始まっていたのかも知れません

春になると、池ではオタマジャクシ捕りの子供たちの歓声が聞こえてくる
ことでしょう。
やがて、後ろ足と前足が・・・観察継続できればと思っております
[PR]
by pastel24 | 2014-02-17 22:37 | 両生類など | Comments(0)

不本意ながら卵だけ ~ヤマアカガエル~


どうやら、今年も産卵に立会うことは出来ませんでした

「ヤマアカガエル」の産卵そのものを見たいと思い、MFに行くたびに
チェックをし、気にはしていたのですが・・・

そんなことで今年も、その卵だけと言うことに・・・
d0266457_21493943.jpg

上の写真をトリミング拡大してみました
d0266457_21495651.jpg


このヤマアカガエルに惹かれたのは、一度冬眠をし、厳冬期の低気圧を合図に
♂と♀が産卵のために同時に冬眠から一旦覚め、産卵後に再び春まで冬眠(休眠)
するという、何とも不思議な生態です。
産卵場所が凍結すると卵が死滅することもあるというリスクを冒してまで
真冬の産卵を選択した歴史は、リスク以上に彼らにとっては子孫を残す確率が
より高いということだったのでしょう。
(Webでは諸説がありましたが、今回は省略と言うことに)

一般的には、10日程で孵化するようです。
もう暫くすると、小さなオタマジャクシを見ることが出来るでしょう

参考までに、昨年の8月に撮った「ヤマアカガエル」です。



~ 以下個人的記録と考察 ~

◎1月23日(午後)
  産卵の確認なし

◎1月27日(午後)
  数カ所にかなりの卵魂確認(写真)

と言うことは23日夜から27日AMの間と言うことになります
この間の天気を振り返ってみると、25日夜から26日未明にかけ
かなりの降雨があったので、それを合図に産卵があったことが想定
できます。
27日の卵の状況からしても、周りのゼラチン質も真新しいように
感じました。・・・と言うことで、26日未明の線が一番濃厚のような
気がします
昨年は1/27日に卵に気付き、 2/3日に最初の孵化を確認
していますので、産卵日については、ほぼ同時期と考えられます。
また、卵塊の数は昨年より多く1.5倍ほどに感じました)

◎1月28日(早朝)
  諦めきれず、もしかしてと思い、早朝確認に行きましたが
  産卵はもちろんですが、新しい卵らしきものも確認できず
  次は、雨の後もう一度行ってみようと決めました

◎1月31日(早朝)
  昨晩から明け方にかけ、雨が降りました
  朝には雨も上がり、比較的暖かで絶好の2度目の産卵日和と
  勝手に期待し池へ、池のまわりの下草は昨夜の雨の余韻があり
  池の水はやや濁っていました。池をじっくり覗き込みましたが
  新たに産卵した気配すら見つける事はありませんでした。

諦めるのはまだ早いかもしれませんが、諦めも肝心と言うことで
タイトルを決め、アップと言う次第です





~おまけ~

“ 早起きは三文の徳 ” と言いますが、三文、今の通貨になおすと
100円程度のようで、三文の価値はあったかな?

以下両日の朝の模様です

1月28日(博物館付近 7:42)
d0266457_21525597.jpg

半身に朝日を浴びて「イソヒヨドリ」
d0266457_21531747.jpg


d0266457_21534059.jpg




1月31日(走水漁港 6:58)
d0266457_21554983.jpg


d0266457_2156662.jpg

朝からあくびの「ウミネコ」君
d0266457_21563617.jpg

筆者もつられて大あくび・・・(笑)
[PR]
by pastel24 | 2014-02-01 22:17 | 両生類など | Comments(2)

たまにはカエル


先日(28日)、サンコウチョウに会いに行った森ではサンコウチョウ以外に
以前会った「トウキョウサンショウウオ」や「アオハダトンボ」にも会えたら
いいなと思っていましたが、願いは届きませんでした

さて、その「トウキョウサンショウウオ」ですが
4年前に出会ったことのある、岩肌を伝わり清水の流れ込む、ほんの
一握りの水たまりは健在でしたが、今年も見つける事は出来ませんでした。
そんな水たまりには、「ツチガエル」が一匹
d0266457_024579.jpg



これではちょっと寂しいので、4年前の参考写真と能書きを少々
(2009年7月 撮影)
d0266457_033442.jpg

写真には2匹しか写っていませんが3~4cmの個体が3匹いました。
県では絶滅危惧Ⅰ類と言うことで、貴重な生物です。
横須賀市においても保護飼育をしているとこを2か所知っていますが
そこで我々が見ることの出来るのは、展示室にある飼育ケースの中です。
ところがこの森で、正真正銘の野生を見ることが出来たことに
大きな喜びを感じた事を昨日のことのように思い出します。
毎年同じ時期に一度は訪れるようにしているのですが、残念なことに
それ以来、確認することは出来ません。
(とは言え、水中で生活する期間も限られており、年一回の訪問で絶滅した
などと決めつけることは出来ません。本気で観察するのであれば4月中ごろ
から一週間に一度の観察は必要でしょう)

下の写真は、別の場所の保護飼育をしている水たまりで撮影した卵です。
(2011年4月 撮影)
d0266457_033944.jpg

既に容が形成されてきたようです。孵化まであと一週間程度でしょうか?
ここは、普段は入ることは出来ません。この奥にニリンソウの群生地があり
その期間だけ特別に解放するのですが、その時にたまたま撮影したものです

少々のつもりが、長い能書きになってしまいました。


またカワトンボはおりましたが、目当ての「アオハダトンボ」には会うことが
出来ませんでした。一度ぐらいの探索で虫が良すぎますよネ


カエルのアップに伴い、観音崎のヤマアカガエルのオタマジャクシのその後が
気になるところですが、水中で後ろ足が生えたまでは確認できたのですが
行くたびに気に止め覗くのですが、いまだ成体は確認していません
成体になると早朝に池を抜け出し、林の中へお隠れになるのでしょうか?
来季は早起きしてみようかとも思っております




おまけ ~庭の幼虫~

今朝、家内が庭のパンジーのプランターに「ツマグロヒョウモンの幼虫」を
見つけました。
d0266457_041846.jpg

花も役目を終え、片付けようと思っていた矢先のことで、もうほとんど
青い葉はありませんが、抜き取りはやめ、もう暫くそのままにしておくことに

そして、もう一つこのプランターから5m程度離れた、ブロックにつけてある
ちょっとした出っ張りに、なんとサナギが・・・何でこんなところに??
d0266457_044078.jpg

先日、産卵らしき行動を目撃し、それ以降、卵や幼虫がいないか注意して
みていたのですが気が付きませんでした。観察力が未熟ですね
保護飼育等の選択肢はありますが、暫く自然観察と言うことで、運よく羽化の
タイミングに立会えたら、再びアップの予定と言うことに
[PR]
by pastel24 | 2013-07-05 23:55 | 両生類など | Comments(2)

もしもし ~アカミミガメとクサガメ~


電話の進化が著しい昨今
とは言え、頭語は相変わらず「もしもし」ですね
おっと、電話の話ではありません

d0266457_22103749.jpg

最近はいこいの水辺の池の石上で
甲羅干しをしている姿がよく目に付きます。
d0266457_22104513.jpg

子連れの家族といったところでしょうか。親は25cm程度ありました。
いつも思うのですが、よくも長時間じっとしていられるものです。
この辛抱強さ、落ち着きぶり、筆者も見習いたいものです。

風貌から、どうやら「ミシシッピアカミミガメ」のようです。
ちょっと馴染みの薄い名前かも分かりませんが、お祭りの夜店などで目にした
3cm程度の可愛い「ミドリガメ」というと、ご存知の方が多いと思います。

池面では、15cmほどの子カメ(生後何年ぐらいたつのでしょうか?)が
気持ちよさそうに泳いでおりました。
d0266457_2212135.jpg

カメの泳ぎ、じっくり観察したことはなかったのですが、首を目いっぱい伸ばし、
平泳ぎのようなカメ掻き、結構速いです。

やがて、仲間のいる石の上に上陸・・・
d0266457_2213898.jpg

そして、こちらに向かいホーズを
d0266457_22133496.jpg


さて、夜店で買った時は小さくて可愛くてよかったのですが、大きくなるにつれ
もてあまし飼育放棄、池などに逃がしてしまうのでしょう。
その結果、今では日本各地で帰化動物(要注意外来生物)としてすっかり定住
しているようです。
とは言え本人たちには何の責任も無い事は明らかで、売り主、飼い主共に
モラルの問題なのでしょうが・・・

そして、やや異なるカメが一匹いました。

斜面が急過ぎたのか、レンズが気になったのか、この一枚を撮った後
滑り落ちるように池へ落ちてしまいました。
d0266457_22151485.jpg

一枚だけで何とも言えませんが、首回りの模様や甲羅の筋加減から見る限り
古来よりいた、「クサガメ」のように見えました。
クサガメだとすると、前出の外来種の影響もあるようですが、最近の環境破壊
などにより絶滅も危惧されているようです。
(古来からの野生種は、すでに絶滅し、今見られるほとんどのクサガメは
ペットとして飼われていた他国産のものが、人為的に放流されたとの説も
あるようです)

お互いが安息の池として、両種とも共生してほしいものです。
(15日 観音崎)(一部トリミングあり)
[PR]
by pastel24 | 2013-06-17 22:38 | 両生類など | Comments(2)

真冬の卵 ~ヤマアカガエル~


本記事をアップ後、同定について気になっていましたが、先日見識のある方に
御伺いしたところ、この卵についてはニホンアカガエルではなくヤマアカガエル
とのご教示をいただきました。訂正させていただきます。
なお、ヤマアカガエルについては、千葉県などでは準絶滅危惧種に指定されて
おりますが、本県では幸い絶滅危惧種扱いには至っておりません。
本文も訂正すべきところですが、表題の訂正と本追記にて本文の訂正は省略
させていただきます。(3月4日 追記)



観音崎には筆者が時折、鳥たちを待ち伏せしている小さな人工池があります。
先日まで気が付かなかったのですが、昨日ゼリー質で包まれたカエルの卵を見つけました。
調べているうちに、今では貴重な減少種のようで、本日再撮影に行ってきました。

さて、池には写真①のような卵塊が20個程度ありました。
概算で一塊100個として2000個程度でしょうか。20個の塊の卵の中を
観察してみると、まだ小さな黒い点の塊(写真②)と、すでにシッポらしきもの
がありオタマジャクシの予備軍のような塊(写真③)など様々でした。
参考までに卵は一般的には10日程で孵化するそうです。

写真① (2個の卵魂として数えました)
d0266457_2255112.jpg

写真②
d0266457_22554435.jpg

写真③
d0266457_2256453.jpg


参考書などを調べた結果、産卵時期並びに卵魂の形状から「ニホンアカガエル」
の卵ではないかという結論に達しました。
しかし、今では神奈川県の絶滅危惧Ⅱ種(絶滅の危険が増大している種)とのことで
同定はしたものの半信半疑の筆者でしたが、観音崎のすべてに精通されている方のHP
「観音崎の自然&あれこれ」のなかでも2004年から、毎年の産卵時期の観察記事が
掲載されており確信が持てました。なお本HPによると観音崎には本種によく似た
「ヤマアカガエル」もいるそうで、こちらのほうは産卵時期が2~4月頃と若干遅い
ようです。
(HPの産卵記録は「アカガエル」との記載で、ニホン or ヤマの同定はなく
筆者の思い込みでしたことを付け加えさせていただきます。3月4日追記)


以下の能書きは
「山渓ハンディ図鑑 日本のカエル」
(ニホンアカガエル・卵とオタマジャクシの項)より拝借しました

『繁殖は早春の1~3月に行われるが、時に12月に産卵が見られることもある。
産卵の盛期は、気候などの条件が引き金で始まり、一晩だけで終わることも多い
産卵を終えると5月頃まで休眠(春眠)をする。卵数は500~3000個
オタマジャクシは35mm、またはそれ以上になり、5~6月に変態して上陸する
寒い時期に短期間で繁殖を行うのは天敵の少なさなど彼らの生存に何らかの有利
な点があるからだろう。しかし周囲の水が凍ると卵が死滅してしまうことがある
このような卵は白濁し、寒天質もごわごわした感じになっている』

2002年初版のこの本での冒頭の紹介は、『個体数が多く、よく人目に触れる日本産
のアカガエルを代表する種』と記載されていましたが、産卵場所の減少などで急激に
個体数を減らしたのでしょう。

しかし、お産を終えて春眠をするカエルとはなんともユニークです。気温が10℃を
下回る11月頃になると落ち葉の下や土の中、池の底の泥の中などで冬眠し、真冬に
産卵のために一旦冬眠から目覚めるとのことですが、一部には冬眠しない本種もいる
ようで諸説あるようです。いずれにしても興味の尽きない生態ですね

貴重な種となってしまったニホンアカガエルの卵魂を身近に確認できたことに喜びを感じ
ました。と同時に毎年の風物詩としてこれからも定着してくれることを願うばかりです
筆者もオタマジャクシからカエルへと継続観察をしてゆきたいと思っております。

場所については人工池の全容(写真④)をあえて載せましたが、観察等に行かれる方が
おられましたら、保護する気持ちで接していただければ幸いです。よろしくお願いします。

写真④
d0266457_2301748.jpg



2月1日 追記
写真の池の中にある“保護囲い”について、前出のHPのkamosuzu様に確認した
ところ以下のご教示をいただきました。
ご参考までにその内容のコピーになります。

『お問い合わせの「花の広場奥の池の保護囲い」は,浦賀・鴨居地域協働推進協議会
環境部会の有志の方々が,公園内の在来水生植物を保護・増殖する目的で設置したも
のです。

現在は池の中で繁茂していた外来水生植物のオオフサモやウオーターポピーなどを
大量に除去した段階で,いずれ保護囲い内には在来水生植物のハンゲショウ
タコノアシミクリ,アサザ,ミソハギなどが移植される予定です。

小規模ながら,ビオトープを形成してカエル,ゲンゴロウ,トンボのヤゴなどの
水生生物の繁殖も目指しているそうです。』

kamosuzu様
ありがとうございました。勝手にコピー貼付けさせていただきました
有志の皆様方の自然保護の諸活動が近い将来実を結び、在来の水生植物が根付くと
良いですね。 楽しみに観察させていただきます



[PR]
by pastel24 | 2013-01-28 23:07 | 両生類など | Comments(2)

モリアオガエルガ棲むという(3)

昔の話で恐縮です。
さて、すでに(1)(2)ではモリアオガエルの産卵、また樹上の卵魂をアップさせていただきました。
本来であれば、沼上に張り出した樹上の卵魂からオタマジャクシが沼に落ちる様子を記録に残し
たかったのですが、そのタイミングでの観察には都合が付かず訪問することは出来ませんでした
(1)(2)は2004年の写真でしたが、(3)からは時系列が逆戻りし2003年夏の終わりからの
再スタートとなります。

この平伏沼は標高842mの山上に位置し、数台がおける車置き場から、山道を200m程度入った
ところにあり、折々に素晴らしい姿を映し出してくれます。この日は雨上がりで、他に来訪者もなく
静かで神秘なたたずまいを見せてくれました。(2003年8月31日)
d0266457_1304382.jpg
d0266457_1305782.jpg
d0266457_1311323.jpg


あとがき(2012年6月22日記)
遅くなりましたが、震災並びに原発事故で避難を余儀なくされた皆様方には心よりお見舞い申し上げます。
また生態系への影響が心配でしたが、最近のニュースで例年並みの卵塊が確認されたとの報をみて少しで
すが安堵しました。村民の皆様方の「かえる かわうち」の想いが通じたのでしょう。平和で自然と融合した素
晴らしい川内に、当たり前だった生活に一日も早く戻ることを祈っております。
時々、平伏沼とその周辺の四季をアップしてゆこうと思っております。
[PR]
by pastel24 | 2012-09-01 01:33 | 両生類など | Comments(2)

モリアオガエルガ棲むという(2)

昔の話の続きで恐縮です。
さて、すでに(1)ではモリアオガエルの産卵をアップさせていただきました。その2週間後に再訪した時の沼の様子です。(2004年6月13日)
d0266457_22225767.jpg

木に何個かの卵塊が見てとれます。
d0266457_22234911.jpg

この年は沼には水があり問題はありませんが、2003年は降水量が少なく沼が干上がってしまっていたため、有志の方々と思うのですが、オタマジャクシが落ちるだろう地点に発泡スチロールの箱に水を張り、保護されていたのが印象的でした。(2003年6月22日)
d0266457_22334471.jpg

沼のある山からおりた、麓には自然の(休耕田?)お花畑がありました。
d0266457_22291221.jpg

遅くなりましたが、震災並びに原発事故で避難を余儀なくされた皆様方には心よりお見舞い申し上げます。また生態系への影響が心配でしたが、最近のニュースで例年並みの卵塊が確認されたとの報をみて少しですが安堵しました。村民の皆様方の「かえる かわうち」の想いが通じたのでしょう。平和で自然と融合した素晴らしい川内に、当たり前だった生活に一日も早く戻ることを祈っております。
時々、撮りためた写真にはなりますが、平伏沼とその周辺の四季の姿もアップしていこうと思っております
[PR]
by pastel24 | 2012-07-01 22:38 | 両生類など | Comments(0)

モリアオガエルが棲むという(1)

10年ぐらい前よりコンデジで撮り始めました。
ブログを始めるに当たり、今まで一番感動した写真はと振り返ったときに
脳裏をかすめたのがこの1枚です。
産卵シーンなど絶対撮れないと思っていただけに、嬉しかったことが
昨日のことのように思い出されます。
撮影場所は福島の川内村の山中にある
四季折々の美しい姿を映し出す平伏沼にて。
d0266457_2021483.jpg


d0266457_214876.jpg


d0266457_20242553.jpg

一週間後に再訪したときは、繁殖地としての天然記念物ということもあり
保護のため撮った場所への立ち入りは出来ませんでした。
とにかくラッキーでした。3枚目の写真は沼のほぼ全景です。
(2004年5月30日 canon power shot G3にて)


遅くなりましたが、震災並びに原発事故で避難を余儀なくされた皆様方には心よりお見舞い申し上げます。
また生態系への影響が心配でしたが、最近のニュースで例年並みの卵塊が確認されたとの報をみて
少しですが安堵しました。村民の皆様方の「かえる かわうち」の想いが通じたのでしょう。
平和で自然と融合した素晴らしい川内に、当たり前だった生活に一日も早く戻ることを祈っております。
時々、撮りためた写真にはなりますが、平伏沼とその周辺の四季の姿もアップしていこうと思っております
[PR]
by pastel24 | 2012-06-22 21:41 | 両生類など | Comments(0)