コチドリ がやって来た


まだ3月、早いもので夏鳥と位置づけされた
「コチドリ」を見かけました。
(一部に越冬する個体もいるようですが)

2羽いました。
d0266457_17385403.jpg


d0266457_17390107.jpg

アイリングの後部がやや薄い個体の方は♀のようにも・・・
番でしょうか? それにしては仲良し感は見られませんでした(笑)

千鳥足と言う言葉がありますが
先日のシロチドリと比べると、しっかりとした足どりでした。
d0266457_17391012.jpg


約一時間後、もう一度覗いて見ました。多分、同一の個体だと思うのですが
ちょっとした太陽の加減で海の色がきれいに写りました。
d0266457_17391740.jpg

容姿もすっかり夏羽
明暗のはっきりした顔立ちにトレードマークの黄色いアイリング
が格好いいですね
d0266457_17392479.jpg



d0266457_17393161.jpg



d0266457_17393841.jpg


ちなみに、足元の構造物は船揚場の傾斜の護岸に設置された
船を引き揚げるための船底を滑らすためのものです。

このコチドリについても、千葉や三重県の絶滅危惧Ⅰ類を筆頭に各県でも数を
減らしているようです。当県は注目種と言う扱いで、これ以上ランク上がらない
ことを願うばかりです

名前の頭にコがつく様にチドリの仲間では小さい部類(約16cm)のようですが
はっきりした顔立ちに、見た目は大きく見えました。



コチドリの他には

「カンムリカイツブリ」が休息中でした。
d0266457_17420603.jpg

背中に畳んでいた頭部を時々起こしてくれます。
まだ眠そうでしたが
d0266457_17421391.jpg

反対向きになった写真をよく見ると・・・
左の目の下部にかなり大きな釣り針でしょうか?痛々しそうでした。
d0266457_17422531.jpg

釣り糸の絡みの有無については画像では分かりませんでした。
筆者には何もすることが出来ず、ただただ自然の治癒能力を信じる
ばかりです。

まだ幼鳥のようにも見えましたが、遠くからの客人をこんな形で
返すのは心苦しいです。



そしてこの日は、カモメたちもたくさんいました。
ユリカモメの夏羽は居ないか確認しましたが、まだ観られませんでした。

この冬にカモメも撮りためたものがたくさんあり、いずれアップをと思っては
居るのですが同定が難しく・・・

とりあえず?マーク付と言うことで、この日の面白画像を一枚

「セグロカモメ(1回冬羽)?」の真似をする「ユリカモメ」
d0266457_17423578.jpg

そして、フワリと「ユリカモメ」が・・・
左の島影は江の島ですが(汗)
d0266457_17424427.jpg




この漁港から少し離れた磯にも寄ってみました。
人気者のウミアイサが、まだ3~4羽常駐しているようです。
とりあえず2羽が一画面に収まりました。
d0266457_17425671.jpg


この日は、他の方のブログなどで話題のハジロカイツブリの夏羽に魅せられ
相模湾側の小さな漁港に立ち寄ってみました。
結果、ハジロカイツブリには遭えませんでしたが、それなりに十分海辺を
楽しむことが出来ました。

コチドリと入れ替わりに、冬鳥たちは旅立つ季節かなぁ・・・
そんなことを思いつつ・・・
(22日 市内 [長井周辺の海辺] にて) (トリミングあり)





[PR]
by pastel24 | 2016-03-25 23:56 |
<< プライベート ビーチ にて(1) ヒオドシチョウ に安堵 >>