ヒオドシチョウ に安堵


やっと (とはいっても探索2回目ですが・笑)
今年も市内で 「 ヒオドシチョウ 」 に会うことが出来ました。

d0266457_22415909.jpg

大騒ぎするほどのチョウではありませんが、三浦半島ではほとんど見ることが
出来なくなったチョウという位置付けになります。

一頭だけでしたが、昨年と同時期に全く同じ場所での出会いに安堵。
一過性で無かったことが何より嬉しいです。

d0266457_22420699.jpg



d0266457_22421306.jpg



d0266457_22422012.jpg



d0266457_22422742.jpg

14年5月末には、このエリアに隣接した小学校でのエノキでの羽化記録もあり
次は今回の成蝶の子孫を是非見て見たいものです


気を良くした筆者
少し余裕が出来、足元の春すみれに気が付きました。
d0266457_22423391.jpg

でも、今日会えて本当に良かったです。・・・と言うのは
明日からはこのエリアは桜まつりと言うことで期間中は駐車場は使用
できなくなり、見物客も多く探索には不向きの2週間になります。

当の桜のほうはまだちょっと早いようですが、気の早いグループが
花見ならぬ枝見で盛り上がっていました
d0266457_22424149.jpg




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、次の目標の「ツマキチョウ」へと場所を移動
こちらは探索3回目になります。今日もダメでした(苦笑)

彼らの大好きな「ムラサキケマン」も咲きだしたというのに・・・
d0266457_22424881.jpg

このエリアにある沢山池は何年もの間、池とは名ばかりでしたが
どう言う訳か水が張られていました。
今までやや湿地だったところに生え茂った木々も水に浸かり
どこか遠くで見た事があるような幻想的な景観に映りました
d0266457_22425646.jpg

この木々、ヤナギの仲間でしょうか? 根元の水没の影響は分かりませんが
花穂をいっぱい付け、一面の黄緑が眩しかったです。

                      (中ほどの黒いのはヒヨドリです)
d0266457_23193149.jpg


d0266457_23194264.jpg

たかがチョウに・・・
あぁ このしつこさが現役の頃からあれば、人生変わっていたかも(笑)
(23日 市内 [衣笠&沢山池周辺]にて) (トリミングあり)



[PR]
by pastel24 | 2016-03-23 23:59 | 蝶や蛾 | Comments(2)
Commented by きらほし at 2016-03-24 22:02 x
今晩は。
この場所もたまに立ち寄りますが、水が干上がり、カモ系がいなくなってからは遠のいてしまいました。水量があればまた水鳥がやってきますね。情報有難うございました。
Commented by pastel24 at 2016-03-25 00:01
きらほし様
あれっいつの間に・・・と 小生も正直びっくりでした。
過去の記事などを見ると水が抜かれて10数年たつようですね。水を張って
あったころの写真を見ると、市内にもこんなところがあったのかと言うよう
な素晴らしいスポットだったようですね。
市の里山整備計画の一環なのかは分かりませんが・・・継続してほしいもの
です。近い将来、水鳥たちが集ってくれると良いですね
反面、池と反対の林縁側はかなり整備され、生態系への影響がちょっと心配に
なりました。 市内において、今ではここでしか見られないハグロトンボや
MFでは見られないチョウたちもいたりで楽しみな場所です。
今、沢山巡りをしているのは、春限定のツマキチョウ狙いです。一見モンシロ
チョウにも見えますが、衣笠山あたりにもいるかも知れませんので鳥たちの合間
に気に止めておいていただけると幸いです。

話し変わりますが、貴ブログで格好良いハジロの夏羽に刺激され22・23日
と二日立ち寄ってみましたが、そううまくは事は運びませんね(笑)
いつもご訪問ありがとうございます

<< コチドリ がやって来た ベニシジミ日和 >>