寄り道にて オジロビタキ


今日は川崎まで所用で出掛けました。
途中、2時間程時間調整をして横横道路の狩場インター近くの公園に寄り道。

目的は満開の梅とオジロビタキです

1月中旬より、WEB上で話題になっていましたが、また最近になり梅花と
のコラボでの再登場の画像を目にしました。
これは、寄り道するしかないと・・・

問題の梅林はすぐにわかりましたが、カメラマンはいません。
代わりに5,6名のボランティアの方が梅林の手入れをしていました。

あぁ、抜けてしまったのかなぁなんて思いながら歩いていると、この梅林のエリア
から道路一つ挟んだ桜の木のあるエリアの縁柵に4名のカメラマンが・・・

ちょっとお伺いしたところ、そうですとのこと(良かった)
ご一緒させてもらうことに・・・
暫くすると遠くの枝に白く見える鳥影がそうですよと教えていただきました。
d0266457_23490329.jpg

一人だったら分からなかったでしょう。 他力本願 様々

前置き長くなりました。
初めて見た 「 オジロビタキ 」(注)です。
d0266457_23491504.jpg


d0266457_23492337.jpg

皆さんのブログなどでは、愛らしい、可愛らしいの表現にあふれていましたが
残念ながら筆者の技量では、そこまでの写真は撮れませんでした。

少々遠かった利点もあります。
近くだと、フレームアウトばかりですが、何とか飛び出などが写っていました。
d0266457_23493126.jpg


d0266457_23494277.jpg


d0266457_23494911.jpg


d0266457_23495654.jpg

尾の下側の後端を少し残した白い部分から、オジロ(尾白)と言う名前が
付いたのでしょうか?
(飛び出し3枚目の写真ですと、どこが尾白? 参考書によると尾の両端基部が
白いとのこと。4枚目の写真のような感じなのでしょう。何となく納得)


今回は大砲の方はいませんでした。
所持している何冊かのポケット図鑑には記載がありません。唯一、山渓カラー
名鑑 日本の野鳥と言う分厚い本でもムギマキのページの下部に申し訳程度
の一枚の写真が載っているだけでした。比較的珍しい鳥のようです。
そんなことで、皆さん既に撮り終えたのでしょう。

(注)ここの個体は、ニシオジロビタキが正しいようですが
   筆者には違いは分かりません。

同エリアには
コゲラ・シジュウガラ・シメ・ツグミ・モズなども見かけました。

パソコン上で指をくわえていただけでしたが、おこぼれにあずかることが出来
幸いでした。
梅花とのコラボ、寄り道で撮ろうなんて身の程知らず、もってのほかですね(汗)

もう2ヶ月ほど滞在しているようです。
いつまで居てくれるのでしょうね・・・・
(12日 横浜にて) (トリミングあり)


未練がましく、竹林の隙間から見た梅です(苦笑)

d0266457_23500372.jpg


d0266457_23501082.jpg





[PR]
by pastel24 | 2016-03-12 23:59 | | Comments(0)
<< 身近にて色々 市内にて ヨシガモ >>