カワセミの「トンとトン子」(2)


さて、こじんまりとしたビオトープに♂と♀がいるとなると
気に早い筆者の頭の中は、求愛給餌、そして交尾へと想像が膨らみます。


以下、この日目にした♂と♀の駆け引きです。

物語はこんなシーンから始まりました(14:43分)
d0266457_11062235.jpg

何となく♀が近くにきている気配があり、少し遠目から♂の「トン」
に狙いを定めていたところ

♀の「トン子」が「トン」の背後にやって来ました。(14:44分)
d0266457_11063155.jpg

・・・と思った瞬間、「トン」はまるで逃げるように飛び立ちました。
(14:44分)
d0266457_11063746.jpg

そして「トン子」も飛び立ち石の上に、そして「トン」は先程の木に
戻ってきました。(14:44分)
d0266457_11064444.jpg

やがて、両者に動きがあり、今度は「トン子」が「トン」のいた木に先に
止ったと思ったら、その背後に「トン」が止りました。(14:47)
d0266457_11065101.jpg

暫く沈黙が続きましたが、先に「トン」の方が動きました。

今まで知らんぷりを装っていた「トン子」ですが、初めて後ろを
振り向きました。今度は「トン子」に動く気配はありません
(14:52分)
d0266457_11065908.jpg

いざ、「トン」による求愛給餌の始まりかと、期待に胸ふくらませる筆者

そして想い描いた筋書通りに「トン子」のすぐ上に戻ってきた「トン」
ですが・・・筆者の思いとは裏腹に、何と手ぶら、嘴には貢物はありません
(14:54分)
d0266457_11070673.jpg

ひと言二言、会話があったようですが、筆者には分かるはずもなく
(14:54)
d0266457_11071751.jpg

暫くの沈黙が続きました。そして、今度は「トン子」が動きました。
と思ったらすぐに戻ってきた「トン子」、なんと嘴には魚を咥えているでは
ないですか!!(14:56)
d0266457_11072572.jpg

いつもはすぐに飲み込むのですが、あたかも魚はこうやって獲るんだよ
と言わんばかりに暫く咥えていました。

唖然とした筆者と「トン」(笑)
「トン」もいたたまれなくなったのか、飛び出しその後戻ってくることは
ありませんでした。

一人残された魚を咥えたままの「トン子」
やがて自らのお腹の中にしまいました(14:56)
d0266457_11073105.jpg

微妙な男女の駆け引きを見たような気がしました。
“ めでたしめでたし ”には、まだ時期尚早のように感じました・・・

まさか、バレンタインデーが近かったとはいえ、「トン子」から「トン」への
プレゼントのつもりだったのでしょうか? そんなことは無いですよね。
自然界では子孫を残す♂は強く、時には優しく、狩名人でなければ・・・

写真は事実ですが、能書きはフィクションです。
筆者にカワセミの気持ちが分かる訳もなく。

一部始終、僅か十数分の出来事でしたが、じっとカメラを構えている沈黙の
時間は、すごく長く感じました。
筆者との距離は15m程でしたが、止り木から3m程離れたの裏側には遊歩道
が有り、幸い散歩者が来なかったこと、幸いしました。

新たな展開が気になり12日も行ってみたのですが、3mほどの距離を置いて
トンとトン子を一度だけ確認することが出来ましたが、出向いた時間も遅く
3時30分頃になったら、学校が終わったのでしょう、男の子が4人遊びに
きたので、またの機会にと言うことに・・・

カワセミ撮りは、楽しいですね

カワセミと対峙していると、初めて出会った時の感動や夢中になってレンズを
向けていたことを思いだします。

MF観音崎にも多くのファンを楽しませてくれるカワセミがいます。時々撮影の仲間に入れて
もらいますが、チョウや昆虫たち、その他の鳥なども気になり集中できない筆者です。
ところが、このビオトープは、カワセミに集中することができる場所でもあります。
ただし、子供たちや散歩の方、また近くに商業施設などもあり、通りすがりの買い物客などの
不意な邪魔が入ることがありますが、腹を立てないことにしています(笑)


ここでは今、梅の花が見ごろでした。季節物の梅カワセミも期待したのですが、
そう思い通りにはゆきません。
代わりにウグイスがちょっとだけ顔を出してくれました。
d0266457_23184083.jpg

この時は、初鳴きはお預けでしたが、今日はMFで初めて初鳴きを耳にしました。
まだ、不器用な鳴き方でしたが着実に季節は進んでいるのですね。恋の季節へと・・・


あまりストレスを掛けない程度に、「トンとトン子」の様子を週一回ぐらいで
見に行ければと思っております。
そして、いつの日か求愛給餌のシーンに出会えれば嬉しいのですが。
(9日 市内[三春町]にて) (トリミングあり)




[PR]
by pastel24 | 2016-02-16 23:52 |
<< クロスジホソサジヨコバイ 他二題 カワセミの「トンとトン子」(1) >>