林縁にて ~蜘蛛編~


不思議に思うクモがいます。

d0266457_22253571.jpg

「ジョロウグモ」です

大きいほうが♀(体長15~30mm)
小さいほうが♂(6~13mm)です
d0266457_09203402.jpg



d0266457_09204145.jpg

さて、今回不思議に思ったのは♂♀の大きさではありません。

食事の昆虫たちが少なくなったこの時期に大きなクモの巣が林縁のあちらこちらで
目立ちます。労力を費やして張った蜘蛛の巣にはほとんど張付いた獲物を見ること
がありません。書き入れ時の夏場より、この時期によく見掛けるのはどうして??

そして、夏場にはあまり見かけなかった♂グモが、♀クモの近くに必ずと言っていい
ほど居候しています。交尾の隙を狙っているようですが、筆者はまだ交尾態を見た事は
ありません。 余談ですが、交尾には♂が♀に捕食される危険が伴うようで♂は
♀の食事中や脱皮直後を狙い交尾するとの記載もあります。

上の♂♀2枚の写真は各々別個体で、暫く観察していましたが、両者とも動く気配は
ありませんでした。 ♀の腹部は微妙な大きさで、既に交尾済みのように見えました
妊娠中の♀を見守る交尾後の♂と言った構図でしょうか?

一部例外もあるようですが、ジョロウグモの寿命(サイクル)は春に孵化し、数回の
脱皮を繰り返し9~10月に成体(成熟期)になります。
(そんなことで、獲物の昆虫などの減少に関わらず、この季節大きなクモの巣が目立
つのでしょう)
そして交尾後、晩秋に産卵を済ませ、12月には来季を卵に託し消えてゆきます。

昆虫の写真を撮っていると厄介な蜘蛛の巣ですが、間もなく蜘蛛の巣も無くなり
殺風景な林縁となることでしょう
(3日&10/24日 観音崎) 




以下、この秋に林縁で見かけたクモたちの在庫整理を兼ねて・・・
尚()内は体長の参考値です。

① 「アオオビハエトリ」♀ (6mm)
d0266457_22254612.jpg

② 「ネコハエトリ」 (8mm)
d0266457_09204715.jpg

③ 「デーニッツハエトリ」 (8mm)
d0266457_09212627.jpg

④ 「アズチグモ」♀ (8mm)
d0266457_09213334.jpg

⑤ 「ハナグモ」♀ (8mm) と 「ホソヒラタアブ」
d0266457_09214842.jpg

⑥ 「カザミグモ」 (9mm)
d0266457_09214150.jpg

⑦ 「ワカバグモ」 (10mm)
d0266457_09215491.jpg

⑧ 「チュウガタシロガネグモ」 (10mm)
d0266457_09220346.jpg

⑨ 「コガタコガネグモ」♀ (10mm)
d0266457_09221265.jpg

⑩ 「ナガコガネグモ」♀ (23mm) と 「ショウリョウバッタ」
d0266457_09222178.jpg


ハエトリグモの仲間はくりっとした目が良く目立ちます。
何となく可愛く見えるのは、他のクモたちに比べ短脚だからでしょうか(笑)
①の「アオオビハエトリ」は今日の撮影です。一種類アップが増えたのは
嬉しいのですが、正面からのバンザイポーズが撮れず残念な結果に


データ
撮影日 ① 11/6日  ② 10/19日  ③・④・⑤・⑦・⑧ 9/11日
    ⑥ 10/10日  ⑨ 9/15日  ⑩ 9/5日
場所 ⑩のみ鎌倉 他は観音崎にて
(トリミングあり)



以下の写真は本文とは関係ありません。
(コメント関連写真です。10/23日撮影)
d0266457_18553956.jpg





[PR]
by pastel24 | 2015-11-06 23:59 | 虫たち
<< 柿にチョウ ~ 銀 杏 ~ >>