アブラギリには ~オオキンカメムシ幼虫~


いました居ました それもたくさん
市内の公園の奥まったところにある一本のアブラギリに
「オオキンカメムシ」の幼虫が・・・

3~4mの高さの葉っぱの数カ所に集団を見つけました

d0266457_23031158.jpg


d0266457_23031914.jpg


d0266457_23032725.jpg

以下、ストロボ使用
やや色合いに違和感がありまが
d0266457_23033491.jpg


d0266457_23034597.jpg


d0266457_23035325.jpg


雨上がりで時折風も強く、そんな気象条件のためでしょうか
アブラギリの実で果汁を吸っている個体は見当たりませんでした。

また、画像を拡大確認して見ると、4~5齢(終齢)と思われる個体で
どこかで成虫脱皮中は居ないかと手当たり次第に撮影、モニターを確認
しましたが、変化のある個体は確認できませんでした。

周囲を含め、もう少し色々と観察したいと思いましたが、大粒の雨が降り
出し今日は撤退。 観察したければ、また来いヨと言うことでしょう

この日はたまたま用事で近くまで出かけました。強い雨も収まり曇り空に
なったこともあり、ダメモトで立寄ってみました。

7月後半に2回ほど出掛けましたが、その時は影も形も見ることが出来ず
弱気になっていましたが、今回はナイスタイミング、ラッキーそのものでした。

何はともあれ、今季の探索目標のひとつが達成できました(嬉)


さて、こうなると欲の出る筆者・・・確認できただけではどうも物足りません。
至近で撮りたいのは言うまでもありませんが、果汁を吸うところ、成虫への脱皮
そして昆虫界では一番綺麗と言われる脱皮痕を見たい、見たい・・・

近いうちに、蚊対策の長袖を着て、今度はゆっくりと観察に出かけようと思って
おります。 まぁ生き物相手、どうなる事やら分かりませんが・・・
次回は脱皮痕の写真でも載せられると嬉しいのですが。
(17日 市内にて) (トリミングあり)




[PR]
by pastel24 | 2015-08-18 23:58 | 虫たち | Comments(2)
Commented by Sippo5655 at 2015-08-20 21:14
タイミングって、ありますよね!
私も先日、、といってもいつだったか、
やはりカメムシの仲間のこのような状態に出会いました。
カメムシの仲間はみんな、孵化直後はこの状態なのでしょうか。
数日後にはもぬけの殻。
皆、それぞれ思い思いの場所で1人で生きているのかなあって、、
とにかく歩き、探すことって、本当に大切なことですし
その積み重ねが、より大きな出会いを呼ぶことになるのではないでしょうか。
Commented by pastel24 at 2015-08-20 23:59
Sippo 様
カメムシに関してはSippo 様と同じように思ったことがあります。
以前、キバラヘリカメムシ・ナガメ・ヨコズナサシガメの20頭はどの
幼虫たちの集団の中で成虫への脱皮を見た事がありますが、数日後には
どこへ行ったのか一匹の成虫も探せないことがありました。
そんなことで、このタイミングを逃すわけにもゆかず、昨日早々に再観察
に行った次第です。今回は、まだもぬけの殻状態ではありませんでした(笑)
年度により波がある様で昨年は確認できず、今季は凄い集団に驚いています。
生き物相手のこと、ずばりそのタイミングに遭遇出来た時は嬉しいです。
いつもご訪問ありがとうございます
<< オオキンカメムシ その後 クモ を狩る ハチ >>