キンラン & ギンラン

昨年に「ギンラン」を見た場所を昨日(4日)尋ねてみました。
運がよく、なんと「キンラン」の大おまけまで・・・
 
「キンラン」
d0266457_22524453.jpg


d0266457_22533368.jpg


d0266457_2253157.jpg


d0266457_2254866.jpg

山道のすぐ脇で比較的観察しやすい場所に一株
やや奥まったところにもう一株ありました。



「ギンラン」
d0266457_2255521.jpg


d0266457_22564171.jpg


d0266457_22562155.jpg

山道を挟みキンランの反対側のやや奥まった、落ち木の隙間より
一株だけ白い花を覗かせていました


両者とも里山の林の中に生える地上性ランの一種で、土壌に含まれる
特殊な共生菌より栄養をもらっているとのこと。
そんなことで極めて人工的に育てることは難しいようです
以前は日本のありふれた和ランの一種だったようですが、近年は雑木林の
環境悪化や採取などにより急激に個体数を減らし、「キンラン」に関しては
環境省、並びに神奈川県では絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。
また「ギンラン」については幸い神奈川県では無指定ですが、近県ではⅠ類
の指定もあるようです。いずれにしても絶滅の危機に瀕している貴重な植物
のようです。

筆者、それほど花に詳しくはなく、固着もしておりませんが
貴重種を身近で、それも金銀同時に確認でき、喜びを感じました

余談ですが、貴重なだけあり、蘭マニアによって盗掘されることもある様です
事実かどうかは定かではありませんが、この時小さな花の他に共生菌の
混じった土壌をドラム缶一杯ほど一緒に持ってゆくものもいるとか。

観音崎においても、見ることは出来るようですが、筆者は見たことがありません
今回確認した場所は観音崎ではありませんが、保護の意味から場所については
未公開と言うことに、ただし独り占めするつもりはありませんので、近郊の方で
見たい方がおられましたらコメント欄に未公開でご連絡下されば・・・
[PR]
by pastel24 | 2013-05-05 23:06 | 草花
<< ひょうきんな仕草 ~シリアゲ~ 東京湾の無人島 ~猿島~ >>